2005年4月

鉢選び

本当なら、地面に根を生やすのが大好きな紫苑。
冬は土の中で根だけをしっかりと成長させる植物なんだよ。
もともと紫苑は根を漢方薬として使うくらいだから、その成長スピードはただ者じゃない。

だから、初めから大きくて深めの植木鉢をお勧めします!
できれば、10~11号鉢〔10リットル以上)で!

去年renが白(一番目の紫苑)を初めて植えたときは、直径25cm、高さ26cmくらいの(たぶん8号)の鉢に植えたんだ。
だけど、その成長は予想外だった......。

この前、栄養分の少ない土に植えていた白にも、もっと栄養をあげようと、新しい土に植え替えを試みた。
でもね、それが結構大変そうで。白を植木鉢から出そうと、ゆすっても、レンガに鉢の側面をぶつけてみても、これがなかなか出てこない。renは相当困っていた。
まさか、鉢を両手で持って逆さに振るわけにもいかないし。
何とか重い鉢を斜めにして紫苑の葉の隙間から片手を入れ、プリンをお皿に出すように脇からスコップを差し込む。
ちょっとずつ鉢を回しながら、時間をかけて土が浮き上がるまで繰り返していたんだ。

一瞬、ポコッとした感触が伝わり、片手にずっしりと白が乗っかってきた。

鉢を外してみてびっくり。
白は、その中にあった土を全部抱え込むように、象牙色の根っこがびっしりと生えていたんだ。
植えたときの苗は、片手で持てるくらいだったのにね。

一度植えたら本当は、根を育てるために最低でも2年は植え替えない方がいいんだって聞いたことがある。でも「今回は、植え返してよかったよ」とrenは苦笑い。
「次は二人掛りじゃないと、絶対無理だね」だって。
こんな調子でどんどん鉢が大きくなったら、大変だよ~!

ともかく。
地面にしっかり根を生やす紫苑だから、できるだ大きくて深い鉢に植えてあげてね!

白、お引越しする

siona_050423.jpg去年からrenが育てていた紫苑、ふた周りほど大きめの鉢に植え替えたので、新入りくんと同じになっちゃって紛らわしいので、今日から名前付けました。白い鉢に植えていたから「白」。
白は、前回から2cm伸びて19cmに。1日で1cmの成長率です。植え替えのとき、鉢の側面まで根を張っていて、大きな根っこがしっかり見えた。今年は咲くかなー?とrenはニヤリ。

sionb_050423.jpg新入りくんは、今日から「蒼(あお)ちゃん」だって。
renの名づけは、小説でも、いつも思い付きだからなぁ。

 えーっと、たぶんね。前回の写真に『新入りくん』って青い文字で書いていたからだと思うのは、僕だけじゃないよねっ。
蒼ちゃん、やっぱりお日さまが高い位置にあると、どうしてもへなっとしちゃう。
紫苑にとって大事な日当たりも、鉢の土が温まるのか、地面から植移したばかりの蒼ちゃんにとっては、あんまりよくないないみたいだね。
でも、株の中心はきちんと葉っぱも立っているし、何とか踏ん張っている感じです。
一番大きい葉っぱは20cmもあります。
もともと地面育ちの蒼ちゃんは、白に比べて葉っぱも大きかったんだ。

今、renが蒼ちゃんに気をつけていることはね。
1.朝、気温が低いうちに水を上げること
2.根が育つまで、直射日光にあたらないように移動させる
3.夜、気温が下がってきたら、根の近くに少しだけ水をあげる

こんな感じ。蒼ちゃんガンバレ!

紫苑の父に出会う!?

haku050421.gif紫苑はメキメキ成長中。大きな葉は17cmに。
今のところ順調です。

今日は、仲間が増えました。

去年、あるお宅の庭先で咲いている紫苑を発見したんだ。
なんと、そのおうちの主はrenの知り合いの知り合いという繋がりがあったんだ。
世間って狭いんだね。びっくり。
今日はね、その紫苑の株を分けてもらうことができたんだ!

 

ao050421.gif植え替えたばかりでちょっと葉っぱはぐったり。だけど明日には水をすって元気になってくれると思う!

あのね。
実は、この新入り紫苑の植え替えをするために、夕方プランターや土を買いに出かけたrenは、大手スーパーで思わぬ人物にめぐり合ったらしい。

「何を植えるの?」
園芸コーナーで鉢の間をうろうろしていたら、突然、後ろから声がした。

振り返り目に入ったのは、つるっつるのスキンヘッドおじさん。
「あっ、えーと、紫苑......です」
インパクトありすぎキャラの突然の出現で、renったら、ちょっとびびったんだって。
彼はこのお店の園芸担当らしく、紫苑と聞いてすぐに何の花か把握したんだ。それだけでもrenは驚いた。

「あれはおおきくなるからねー。このくらいはないと」
(おぉ!!おじさん、見かけによらず、詳しそう!)そう思ったrenは、だめもとで、いろいろ聞いた。
するとおじさんは見事に答えた!!しかもね。聞いて無いことまで教えてくれる。renはさらに驚いた。

「こんなに紫苑のことを詳しく知っている人に出会ったの、初めてです!」
「だって、元は花屋だからね」
肥料のこととか、植え具合とか、もともとある紫苑の植え替えだけは、午前中にしたほうがいいよ、とか。
本当に細かいことまで教えてくれた。それと、一番知りたかった事。
「株が小さいと、咲かないことが多いね。特に一年目はね」だって。

たくさん情報をもらったrenは、やる気満々。「がんばります!」とか言っちゃって。
「わかんないことがあったら、いつでもおいで!」
おじさんは、とってもうれしそうな顔だったって。

いろんなところに、まだまだ知らないいろんな人がいる。
そしてまた、紫苑がきっかけで、新しい2つの出会いがあった。
renは、今日とってもいい気分で、紫苑の世話したんだ。
みんな、元気に成長してね。

おやつの時間

sion050416.JPG2005年4月16日の紫苑です。

紫苑には、2月の終わりぐらいから、メネデールという成長を促進させる液体を、1/wであげてきた。
3月の末に芽を出して、だいぶ大きくなったので、昨日は液肥をおやつにあげてみました。

ren「植物は、酸性を好むものとアルカリ性を好むものとがあってね。紫苑はよくわからないから、その辺の適当な液肥でいいかな、と」

なんてアバウトな性格。でも、何もあげないよりはいいのかなぁ......。

今年になって顔を見せた新芽は、みんなすっかり10cm位に伸びていたけど、また、その脇から小さな芽が一つ出てきました。こんな小さな鉢の中でも、葉っぱはどんどん大きくなるので、これ以上は芽が出ても花が咲かないんじゃないか、とrenは心配もしてる。
それと、お天気がよくなって、これから気をつけたいのは、土の乾燥なんだって。
少し湿り気があるくらいが、紫苑にはちょうどいいらしい。
そういえば、昨日たっぷり水を上げたのに、今日はもう土の表面が乾きぎみだったな。

同じ名前の植物だから、枯らさないようにしっかり監視しなくっちゃ。
ちょっとだけプレッシャー感じちゃうねっ。

紫苑は成長が早いんだ!

haku050413.jpg2005年4月11日の紫苑。

たった2週間でこんなに成長したんだ。一番大きい葉っぱで、8cmはあるみたい。

ちょっと面白いのはね、去年出た芽と同じ場所から、今年も芽が出てきたこと。

ほかの植物も、もしかしたら同じ場所から芽吹くのかな?