2005年9月

異なる風情

tasogare-ao.jpg夕暮れに蒼ちゃん、です。

黒く映し出されたシルエットが、ちょっといい感じ。

 

建物の影と同化する、都会の紫苑。

 

 

haku050926.jpgそして、これが同じ紫苑?と思うほどひしめき合うように咲く白。

「一見、ヒヤシンスっぽいね」とren。

 

......紫苑だってばっ!

こだわる理由

mosaic.jpg今夜は、紫苑の成長記録からは、ちょっと脱線。

紫苑を育てるきっかけになった、自作小説の話。
renはね。
いつか、紫苑の花をもっと増やして、あるシーンのイラストを描きたいって思っているんだって。

僕、シオンはプロフィールにある通り、renが書いた小説の主人公。
僕は、僕の知らないところで、この花と深い結びつきがあったんだ。

sion1.jpgrenが描こうと思っているのは、その1シーン。

それはね。
僕が本当の自分のことを知るきっかけになった、ある部屋で見つけた、たくさん群れを成す紫苑の花と、その中で遊んでいる3人の子供が写った写真。

renは「あの時は、自分なりに書ける限りの文章を書いた。
でも今は、表現できていない部分がたくさん見える」って。

renが小説を書くために見てきた紫苑は、立ち入れないところに咲いているものが多くてね。
だから僕らがストーリーのなかで紫苑の花に触れたように、自分で育てて、実際に手で触って、じっくりと観察して......そこから感じたものを、書きたいらしいんだ。

実際、いろんなことを教わったって言ってる。
だからもし、またrenが僕の話を書くとしたら、前と少しだけ違った視点も、きっと出てくるんだろうね。

花雪洞 -花ぼんぼり-

haku050919.jpg「真上から見ると、舞妓さんのかんざしみたいにもみえるなー」とは、renの言葉。

白は、平均的な成長をする紫苑と比べると、ずいぶん小さな背丈で、葉の脇から出た花の部分も、蒼ちゃんに比べて短い。
でも、花の数は負けず劣らずあるし、頂点の花同士の空間が殆どなくて、真上から見たら鞠のよう。

これはこれで、かわいい感じもするよね。

 

ao050919.jpgこれは蒼ちゃん。
鉢植えの蒼ちゃんは、地植えの紫苑ほどは伸びなかったけれど、見栄えはそのもの。

紫苑は、大体が広く群をなして咲く花だから、蒼ちゃんのような咲き方でも、ぎっしり咲いて見えるんだよね。
たくさんあると、遠くからでも淡い紫色がふんわりとと広がって見えて、とってもいい感じなんだ。

そして今日の身長。
蒼ちゃんは127cmで、変わらず。
やっぱり花がつき始めたことで、丈の成長は止まったらしい。

......と思ったら。

白は73cm。
なんと、前回から7cmも伸びたんだ。

どこまで蒼ちゃんに近づけるか。
がんばれっ!

紫苑、3分咲き~!

ao050915a.jpg

haku050915a.jpg

 

一日遅れで、蒼ちゃんにも一度にたくさん花が開きました。
結果的に3分咲きって感じかな。
左が蒼ちゃん、右が白。
こうして比べると、似ているようで、かなり特徴的な違いがあるんだよね。

 

ao050915b.jpg

haku050915b.jpg

 

花の部分の全体像も「これが同じ植物?」ってくらい。
やっぱり、出身地が違うからかな。

今夜、蒼ちゃんを分けてもらったおうちのそばを通ったrenが、蒼ちゃんのお仲間を見てきたんだって。
そしたら、まだ固いつぼみだったらしいよ。

「そうだなぁ。うちの紫苑の、9月初め頃の感じかな。でも、うちは日当たりがかなりいいし、あちらは北向きだからね。やっぱり、日照時間って言うのは、かなり影響するのかもね」

そして、身長報告。
蒼ちゃん127cm、白66cm。
もう花が咲き始めたから、さすがに背は伸びないか。

花、ほころぶ

haku050913a.jpg 

haku050913b.jpg

 

とうとう咲きました!
一足先に、白のつぼみが開き、紫苑らしい花の形に!

左は、朝のうちにrenが撮っておいた写真。
もう9月も半ばだというのに、ベランダの暑さは半端ではなくて、朝ではなく、夕暮れ近くに水やりをしているんだ。
いつものように日が落ちる前にベランダに出てみたら、右のように、もうこんなに開いていたんだ!

ao050913.jpg蒼ちゃんも、成長とともに花同士の間隔が広くなって、一枚の写真に全体を入れるのは困難に。
それとね、つぼみも開き始めているんだけど、白に比べると、花びら一枚一枚の間隔もあいてる感じ。

完全に花が開いて、二つの紫苑の個性を比べられる日は、近いね!

色づく季節

haku050911.jpgこの数日、立て続けにお天気は嵐と晴天を繰り返しています。
でも、何とかつぼみは膨らみ
開きかけた花びらには、ほんのり色もつき始めました。
この淡い紫色、間違いなく紫苑色です!
蒼ちゃんのつぼみはだいぶ開いていて
中の黄色い花粉も見えています。

ao050911.jpgこのまま順調に成長すれば
あと数日後には開花宣言です!
白&蒼ちゃん、がんばれ!

それでも強く、花は生きる

haku050905.jpg白のつぼみが、ほんの少しだけ、ほころび始めました。
この前ジャブジャブ水洗いしたあとだったから
ちょっと心配だったんだ。
でも、残ったつぼみ達は、しっかりと膨らみ、もうじき花を開きそうな感じです!

お団子体型の白に比べると、蒼ちゃんはしっかり紫苑らしい成長ぶり。

葉っぱの形も、成長過程も殆ど同じなんだけど
背丈やつぼみの集まり方が、ホント違うんだよね。
「もしかしたら白は、同じ紫苑属でも、微妙に違う種類なのかもしれないなー」
......って、renは言っている。

ao050905.jpg単に育成環境から来る、個性の違いなのか、それとも亜種なのか。
二つが咲いてみるまでは、なんとも言えないね。

もうちょっとなのにー!

haku050901.jpgとうとう出ました。
ハダニです!!
青い小さな丸のなかに、茶色の点。これ、全部ハダニです。

台風の後、残暑と空気の乾燥とで、ハダニの繁殖条件がそろってしまったみたい!
renがここ数日忙しかったこともあって、夜の水やりが続いていたものだから、気がつくのが遅れちゃったんだ。

今日はrenがまだ明るい時間に帰ってきたので、早速ハダニ退治。
殆どのハダニは、白の花芽がつく上のほうに集中して繁殖していたので、まずは、葉っぱについたものをティッシュでこすり落としたんだ。
花のつぼみが密集する場所のものは、さすがにとりきれないので、大きなバケツに水をたっぷりいれて、ハダニを水洗いで落とすことに。
大きな鉢を横倒しにしたあと、白の先っちょを水の中でジャブジャブ。
人間で言うところのシャンプー、って感じかな。

残念ながら洗っているうちに、いくつかつぼみが取れてしまったけれど、たくさんのハダニが点々と浮いてつぼみから離れました。

あとはうまく出来た気泡に残り、這い出してきたハダニを退治。
爪楊枝を使って、葉や額の細かい隙間なんかもチェック。
まだ生まれたての小さいハダニは、透明で色もわかりにくいので、駆除剤も散布したんだ。

「今年は夜盗虫にはやられたけれど、ハダニは繁殖しなかったねー」
なんて、ついこの間呑気にいってたのに。
今日は「しばらくは、毎日メンテナンスが必要だなー」と、renはぼやいてました。

油断するからだよ......ねぇ?