2006年6月

虫たちも大変。

ao060617.jpg蒼ちゃん96cm

葉っぱが放射状にたくさん伸びていた白と蒼ちゃん。

でも、この数週間で中央の茎の部分がずいぶんと延びてきました。

 

矢印のところに、脇芽を発見!

こんな具合に、少しはなれたところまで根を張って、紫苑はどんどん株を増やしていきます。

 

haku060617.jpg白65cm

枯れていた下葉を取り除き、少し風通しをよくしてあげていたren。

「なんかいろんな虫が出てきたねー、さすがは地植えだわ」

その虫って言うのが、あおむし2匹、ハダニ一匹。

そして......ゲジゲジ!

ren:「ゲジゲジ、見つかったとたん、コソコソ隠れてんの!なんかさ、気持ち悪いの通り越して、必死すぎて、哀れさ全開だよ」

......と、そんなことを言うわりには、あっさり退治してたよね?

あとで調べてわかったのが、ゲジは肉食で、人にも紫苑にも無害なんだって。

もしかしたら今年、ハダニの発生が殆どないのも、このゲジが食べてくれていたのかもしれない、って思うと......ren、やっちゃったねーと僕は密かに思ってます。

虫たちに食べられた葉っぱの穴。
密集した葉の影を住処に潜んでいた虫。
その一つ一つも、彼らが生きていくために必要だったこと。

自然の摂理になかに含まれる、ひとつの事柄なんだね。