2007年9月

虫のレストラン

蒼ちゃんは今見ごろになって来たけれど、白はだいぶ色があせて、そろそろ種を育てる時期に入ったみたい。

ao070928.jpg

haku070928.jpg

この時期のお客さんは、主にオレンジ色の蝶(タテハ種?)とみつばちとイチモンジセセリが常連さん。

花が咲いてきれいだなーなんて近づくと、蜜を吸っている虫たちが驚いてぶわっと飛び出します。

だから普段に花を見るときは、そーっと遠慮気味に覗き込むんだよ。

比較してみよう

h&a070920.jpg蒼ちゃんもだいぶ咲きそろい始めたので、今日は2種類の紫苑『白』と『蒼ちゃん』の生体の違いを
画像で比べてみようと思います。

ちょっとわかりにくいけれど画像の奥に見える、背の低い塊のように写っているのが『白』。

そして、背も高く、手前でほうきの様にめいっぱい広がって咲いているのが『蒼ちゃん』です。

では、それぞれの花をクローズアップ。

 

haku070920.jpg ao070920.jpg

左が白で、右が蒼ちゃん。

同じ花、同じ茎、同じ根っこ。
数日の差はあれど、発芽も開花も時期はほぼ同じ。

だけど、成長率の違いで、花の集まり具合はこんなに変わってくるんです。
きっと成長に関連する個体の遺伝情報が違うんだろうね。

人にもみんな個性があるように、植物にもそれは同じで。

同じ人間、同じ紫苑。

そういうゆるりとした、大きなキャパでいろんなものを認めていければ

ずっと楽しく、仲良く共生できるんだろうね。

蒼ちゃん、咲きました!

ao070914.jpg蒼ちゃん、咲きました!

二株が一輪ずつ花を付けています。

haku070914.jpg

そして白は只今見ごろ!

今日、renのお客さんが2人来ていたんだけれど、花を見せてほしいと言うのでご案内。
気を良くしたrenは、お土産に白の花を一本ずつプレゼント。

せっかく大事に育ててるのに悪いよ、と言ってたけれど、でも、花は咲いて愛でられる事が本望じゃないかと。

確かに切らない方が長く持つとは思うけれど、他の誰かの心にも、存在を残すことが出来るから......

それは、イイコトなんだと思うよ。

開花したよ!

haku070906.jpg

ao070906a.jpg

 ←左が白で、↑上が蒼ちゃん。

という事で、白は只今3分咲き!(写真は一番背の高い株です)
他の何本かの白株も、そろって咲き始めました。

蒼ちゃんはまだまだつぼみは固くて。
でも、今日は由々しき事態が!

そう!伊豆諸島から北上していた台風9号が、いよいよ関東地方に上陸しそう。

今年は背も低めだから、支柱はいらないくらいだと思ったけれど、蒼ちゃんはこの前、ちょっとした風が吹いて一株だけ根元から倒れちゃった。
このまま台風が直撃コースを辿ったら、ひとたまりも無いんじゃ......。

ren:「まともにこなくても、長い時間の強風には耐えられそうにないな。今年は根こそぎ逝っちゃいそうだしねぇ」

ao070906b.jpgということで、今年もrenは夕方になって雨に濡れながら、支柱を5本立てたものに150cmの長い支柱を横渡しに固定して、バックのフェンスに結びつけ、風に備えたんだ。

でも、白は背も1mに満たないし地面がしっかりしてるから、きっと大丈夫だろうって。

今もだんだん雨と風が強くなってきています。
どうか開花に影響が出ませんように......。

色付き始めました

白のつぼみがさらに大きくなって、花びらがきれいに色付き始めました。

haku070902.jpg白 =91cm

これは、中でも一番開花が早い、背丈が半分ほどの株の花です。

そして蒼ちゃんの様子。

ao070902.jpg蒼ちゃん =169cm

つぼみはまだ固く、背も伸びています。

去年同様花の季節が来ると、開花の準備に入るため、茎の成長を止めます。

白も蒼ちゃんも今年は少し成長不良気味なので、花の数は少なそうだね。