2007年10月

花言葉への想い

10月に入り、紫苑はだんだんと色のトーンを落としはじめました。
それでも、いまだ葉の付け根からは、いくつかの花の脇芽が出て、繊細な紫苑の色を見せてくれます。

ao071010b.jpg 

haku071010.jpg

このまま紫苑は冬の季節に入ります。
そして花びらは桜のように散るわけではなく、このまま満開の形状を保って、色褪せ衰退していくんだ。

ao071010a.jpg枯れても尚、その立ち姿を変えようとしない紫苑の花。

それは天高く、楚々と咲いていた野の花が、その名残を惜しんでいるようにも。

華やぐのは、いっときの出来事。

そして花言葉は

     『君を忘れない』

 

 

もし、植物にも心があるのだとしたら。

それは、紫苑とその姿を心に留めた者が抱く『共通の想い」かもしれないって。

なんとなく、そう感じたんだよね。