2011紫苑画像

苛酷な環境でも咲くものは咲く。

十五夜の前夜の写真です。

ao110912.jpg haku110912.jpg

4月に更新して以来、まったく写真が取れず、記事を更新できませんでした。

猛暑の間もほとんど世話ができない状態で、水切れで危ないときもありましたが、今年も何とか開花しました。

紫苑の今の画像はこんな感じです。

haku110919a.jpg ao110919a.jpg

全体の画像は以下です。

haku110919b.jpg
白は全長75cm。

壁際に沿ったように3本、中央に1本花が咲きました。

花数は少なめ。

いつものずんぐりしたイメージとはちょっと違うかな。




ao110919b.jpg蒼ちゃんは全長150cm。

全部で8本咲きました。

一番大きくなったのは柵の外側にはみ出して咲いた株。

根が詰まってない分、数少ない開花の中ではのびのび育ったみたいです。


aojr110919.jpg一昨々年、種から発芽した蒼ちゃんJr.は、今年の管理が悪くて、一度枯らしてしまいました。

でも、また自然に発芽したものがここまで伸びました。

このことが、紫苑がいかに強い生命力をもった植物かを証明させるわけで。

醜草=雑草といわれる由縁を感じさせられます。



管理人は、春からいろいろとありすぎて『シオンの庭』の本家サイトの更新も全然できない状況でしたが、紫苑は苛酷な環境でも、花を咲かせるという使命にむかって、がんばって成長していくんだよね。

まっすぐに、広くて明るい大空にむかって。

そういうことなんだ。

紫苑の葉っぱ

シオンの庭4月最後の報告です。
まずは白から。

haku110424.jpg
一番背が高い葉っぱは白エリアの右門の隅っこに出ていた葉っぱ。
全長25cmでした。

そして蒼ちゃん。
ao110424.jpg一番大きい株は30cm。こちらも壁際から芽吹いたものです。

写真にはないけれど、白と蒼ちゃんそれぞれの株は50~60株程度。
数は多いですが、やっぱり少し細身かな?

やっぱり今年も、白い柵を越えて4箇所くらいから発芽しています。

自由に伸びていく柵外の紫苑のほうがいい成長をするかなーって思うけど、柵外は芝生の根がびっしりなので、思ったよりも発芽しづらい様子です。

2011年シオンの庭開園です

3月初旬、世の中がいろいろと大変なことになっていて、開園が遅ていたシオンの庭。

3月22日ごろから蒼ちゃんの新芽が出始め、10日後の今日、こんなにたくさんの新芽が出ました!

ao110403.jpg蒼ちゃんは6cm程に成長。

haku110403.jpg
白は少し遅れて発芽。一番成長している葉で焼く3cmです。

既に100個以上の芽が出ています。
とりあえず、マグアンプを土の上に巻いて、少しだけ栄養補給。

去年紫苑の種を巻いた植木鉢も、(元々鉢にあった)ラッパ水仙の球根を、植え替えるっていっておきながらやっぱり今年もrenは植え替えないまま。
なので、植木鉢は立派に水仙が咲いています。

実はそれでも、紫苑の新芽も、一つだけ出ているんだよ。

さらに今年は、なんだかわからない木の芽も出ています。鳥が落としたフンの種が発芽したみたい。
renも、どっちがちゃんと成長するのか、放置してみるって。

......単に面倒なだけじゃない?って僕は思ってるんだけどねっ。

 * * *

今年2月に行った、紫苑の種アンケートには『種でも欲しい』という方がお一人だけいました。

その方にrenより連絡です。

成長過程が、以降どんな状況になるかはわからないのでお約束は出来ませんが、該当の方がここをご覧になっていたら、種をお渡しできるよう考えていますので、9月以降、一度サイトのほうに連絡してください。

とのことです!

今年のシオンの庭はね。

renが「いつもの年よりもスケジュールがつまっているけど、なるべく月2の更新を目標で努力だー!」と、宣言していました。

一応、聞いておくことにするよ、イチオウね。(笑