苛酷な環境でも咲くものは咲く。

十五夜の前夜の写真です。

ao110912.jpg haku110912.jpg

4月に更新して以来、まったく写真が取れず、記事を更新できませんでした。

猛暑の間もほとんど世話ができない状態で、水切れで危ないときもありましたが、今年も何とか開花しました。

紫苑の今の画像はこんな感じです。

haku110919a.jpg ao110919a.jpg

全体の画像は以下です。

haku110919b.jpg
白は全長75cm。

壁際に沿ったように3本、中央に1本花が咲きました。

花数は少なめ。

いつものずんぐりしたイメージとはちょっと違うかな。




ao110919b.jpg蒼ちゃんは全長150cm。

全部で8本咲きました。

一番大きくなったのは柵の外側にはみ出して咲いた株。

根が詰まってない分、数少ない開花の中ではのびのび育ったみたいです。


aojr110919.jpg一昨々年、種から発芽した蒼ちゃんJr.は、今年の管理が悪くて、一度枯らしてしまいました。

でも、また自然に発芽したものがここまで伸びました。

このことが、紫苑がいかに強い生命力をもった植物かを証明させるわけで。

醜草=雑草といわれる由縁を感じさせられます。



管理人は、春からいろいろとありすぎて『シオンの庭』の本家サイトの更新も全然できない状況でしたが、紫苑は苛酷な環境でも、花を咲かせるという使命にむかって、がんばって成長していくんだよね。

まっすぐに、広くて明るい大空にむかって。

そういうことなんだ。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバックURL: http://www.renyaizm.com/sion/mt/mt-tb.cgi/135