紫苑の歴史

sekitou_long.jpg紫苑が日本に定着したのは、一千年前の平安時代以前だといわれています。
当時の書物『本草和名』(日本最古の草本書・1025種の薬草を記載。918年 延喜18)にも紫苑は記載されており、更に480年頃、中国最古の薬草本である神能本草経(中国古伝説上の帝王、神農が百草を舐めて創ったと言われている原書の再編本)にもその記録が残されています。

薬草として日本にやってきた紫苑。
やがて、その美しい薄紫色の可憐な姿形からか、平安の人々は観賞用の花として栽培し、親しんだようです。
この時代は特に紫色は、皇帝や高僧など、特別な位を意味する色としても使われました。

みなさんご存じの、平安時代の小説『源氏物語』。
この後半にある"野分"の冒頭を飾る一コマ。

中宮の町の秋の庭には、再び盛りの花の色が訪れていた。【中略】鴨跖草(つきくさ)の青を点々と遣水(やりみず)のように引き寄せるものは、紫苑の一叢(ひとむら)。【中略】虫の篭を提げ持った女童達が階を下りてくる。紫苑なり撫子なり、その色目をあるいは淡くあるいは濃く染め分けた衵(あこめ=内着のこと)。
【窯変 源氏物語 7 橋本 治 著より】

秋の花として、そしておそらく平安の雅な風情を飾る、一つの重要な色として、そこに紫苑はありました。
 
紫苑(シオン)という呼び名は、前述した本草和名の中で『漢名:紫苑』と記され"苑"は呉音(ごおん=古い中国南方系の読みが伝来)で、そのまま和名として"オン"が定着。その意味も"囲い・園・物事の多く集まる場所・草木が茂る様子"などから、紫の花の集まり=紫苑となったのかも知れません。
また、花の時期が中秋の名月とも重なるところから『十五夜草』という名も。
平安の人々は名月を眺めるとき、ススキと共に紫苑の花の中で、天を高く仰ぎ見たのでしょうか......。
また、紫苑のことを『加乃志太』(かのした)と記した900年頃の書物もあり、これは紫苑の葉が鹿の舌に似ているところから、そう呼ばれたとも言われています。(前述の紫苑の花・拡大写真参照)
沢山の異名を持つ紫苑。
そこには沢山の人に愛された、現代に伝えられた美しい姿形以上に、何かしら秘められた魅力を感じてしまうのです。

もうひとつの別名「鬼の醜草」について
謡曲「大江山」の中で、鬼退治を命じられた源頼光らが差し出す神酒(人が飲めば薬になり鬼が飲めば毒になる)を飲んだ酒呑童子が、酔った勢いで身の上を語ったときに使われている。
その由来は定かではないが、醜草とは「役に立たない草」という意味があり、紫苑は背丈の高い植物でありながら、巨体の鬼(=酒呑童子)にとってはただの雑草でしかない、というのが単純解釈と取れる。
ただ酒飲童子は多くの貴族の姫をさらっていたこともあり、これを深読みし、頼光がいた当時の京の貴族がしていた華美な暮らしを、鬼が皮肉った言葉として解釈する事もできるが、あくまで推測の域を超えない。詳しくは、この作品をもっと紐解く必要があるかと思う。
(考察のきっかけを与えてくださいましたY様に、心より感謝いたします)

余談:「酒呑童子」については謡曲の他、絵巻・御伽草子・浄瑠璃・歌舞伎など、多くの題材として使われている。