白と蒼ちゃん

シオンの庭、咲揃い♪

9月25日頃から咲き始めた蒼ちゃんも、一週間できれいな姿を見せ始めました。

ao101002a.jpg
haku101002.jpg


白は多くの花の黄色い部分が白っぽくなり、花のピークを越えてきました。

ao101002b.jpg

今年は花の開花が約10日程遅くなっているようです。

お天気がいい今日みたいな日には、蝶やきれいな黒い縁取りつきの薄羽を持った見たことのない虫、ハエ(笑)なんかもきて、庭がにぎわっていたよ。

おまけに4時を過ぎる頃、耳元を随分大きな羽音が聞こえたので慌てて見回していると、お尻の大きな黄色いでっかい蜂が!!!!!!!

これはもしかして......キイロスズメバチ!?


ao101002c.jpg

『うわぁ~~~~~~~っ』

チョット怖いお客さん。

ソーッと紫苑の花のそばから逃げちゃった。

しばらくして蜂が居なくなった後に、4本だけ蒼ちゃんを切花にしました。

renが一本だけ、ダイニングの隅っこに差してみたよ!

「今年はたくさん咲いたから、少しだけ切花で楽しんでもいいかなー♪」だって。

夏の紫苑

haku100702.jpg
ao100702.jpg


本格的に夏がやってきました。

茎がだいぶ伸びてきて、紫苑らしい立ち姿になってきたところ。

白は62cm、蒼ちゃんは80cm。

蒼ちゃんのほうは、やっぱり今年も細めな印象だけど
元々株を分けてもらったお家の門前でも
蒼ちゃんは大きな樹の影で、ひょろっと咲いていたんだ。

もらって帰った一年目、鉢植えで新しい栄養価の高い土に植えた為か
茎もしっかりとした頑丈そうな紫苑に成長したのだけれど
翌年からだんだんほっそりスリム体型になってきました。

今年、紫苑は種で発芽する事が実証されたんだけど。

という事はね、二つの紫苑が隣り合わせで育つ過程で
いずれ、蒼ちゃんと白は自然交配して
見分けがつきづらくなるかもしれないなーと思ったりします。

それはそれで自然の成り立ちということで......ね。

順調だよ。

4月になっても、まだ春が遠く感じる日があったり。
それでも紫苑の芽は順調に大きく育っています。

haku100411a.jpg
haku100411b.jpg


上が白の画像。下が蒼ちゃんの画像。

ao100411a.jpgao100411b.jpg


発芽はほぼ同時期だけど、やっぱり蒼ちゃんは育ちが早い。
発芽の数は今のところ変わらないみたいだね。

株分けの為の植え替え2年目。

早速蒼ちゃんは白側に境界線越えを試みている様子。

......元気いっぱいです。(いっぱい過ぎだよっ)

予想外

haku090827.jpg更新が3日も遅くなりました。


写真の紫苑は8月27日の撮ったものです。

 

白の中でも、一番背が高く、花の部分が広範囲になった株です。

このほかに3株がつぼみをつけていますが、少し小さめな感じです。

 

 

ao090827a.jpg ao090827b.jpg 

いつもなら白のほうが先に花を開き、色付くのですが、今年はなんと蒼ちゃんの早咲き株がありました。
これにはrenも驚きでした。


ao090827c.jpg蒼ちゃんの株は背丈は平均的な感じですが、今年はつぼみの付きがよく、たくさんの花が見られそうです。

 

植え替えをしたことで、良かった点、良くなかった点をきちんと観察して、数年後に再度植え替えをするときに活かせるといいな。

ちょっと遅れて。

開花後二日目の白の様子。そろそろ三部咲きです。

haku080911.jpg白のほかの株も、2-3個ずつは花が開き始めました。
ここまで開くと、紫苑らしく見えるよね。

そして蒼ちゃんの様子。

ao080911b.jpg


9月初めの白ぐらいにはなったかな。花の部分の全体像はこんな感じです。

ao080911a.jpg白の経過と同じなら、蒼ちゃん開花はもう一週間くらいはかかりそうだね。

背比べ、開始。

栽培4年目を迎えた紫苑の庭には、今2種類の紫苑が育っています。

ひとつはrenが『白』と呼んでいる、一番最初にとあるルートで園芸屋さんから手に入れた株。
これは、一般的にいわれている紫苑の中でも、少しだけ背丈が小さくて、120~150cm位にしかならない特徴を持っています。

もうひとつが『蒼ちゃん』と呼んでいる、白よりも1年あとでボクの庭にやってきた株。都内某所の玄関先に植えてあったものを、お願いして分けてもらったんだ。
蒼ちゃんはね、背丈が最終的に180~260cmにもなってしまうという、白とは真逆のノッポ。

でも、花も葉っぱも、大きさも形もほぼ同じ。花数は大差ないけれど背丈が違う分、開花時の密集率はだいぶ違って見えるので、それぞれに違った風情が生まれます。

4月に入って、たくさん目が出始めました。

haku080415.jpg←白 18cm

ao080415a.jpg←蒼ちゃん 24cm

蒼ちゃんは、去年から既に柵越えを果たしていて。
とうとう、柵の外で株が別れたみたい。

ao080415b.jpg株別れした下の葉っぱは踏んずけられて、ちょっと変な形に。

そでも、強く成長してる。

このまま放置すれば、きっと芝生のあちらこちらから目が出ちゃうと思うんだけど、なんか採るのもなーって、renはそのままにしてるみたい。

でも、このままじゃ、いつか庭が紫苑だらけになっちゃうよー!

花言葉への想い

10月に入り、紫苑はだんだんと色のトーンを落としはじめました。
それでも、いまだ葉の付け根からは、いくつかの花の脇芽が出て、繊細な紫苑の色を見せてくれます。

ao071010b.jpg 

haku071010.jpg

このまま紫苑は冬の季節に入ります。
そして花びらは桜のように散るわけではなく、このまま満開の形状を保って、色褪せ衰退していくんだ。

ao071010a.jpg枯れても尚、その立ち姿を変えようとしない紫苑の花。

それは天高く、楚々と咲いていた野の花が、その名残を惜しんでいるようにも。

華やぐのは、いっときの出来事。

そして花言葉は

     『君を忘れない』

 

 

もし、植物にも心があるのだとしたら。

それは、紫苑とその姿を心に留めた者が抱く『共通の想い」かもしれないって。

なんとなく、そう感じたんだよね。

比較してみよう

h&a070920.jpg蒼ちゃんもだいぶ咲きそろい始めたので、今日は2種類の紫苑『白』と『蒼ちゃん』の生体の違いを
画像で比べてみようと思います。

ちょっとわかりにくいけれど画像の奥に見える、背の低い塊のように写っているのが『白』。

そして、背も高く、手前でほうきの様にめいっぱい広がって咲いているのが『蒼ちゃん』です。

では、それぞれの花をクローズアップ。

 

haku070920.jpg ao070920.jpg

左が白で、右が蒼ちゃん。

同じ花、同じ茎、同じ根っこ。
数日の差はあれど、発芽も開花も時期はほぼ同じ。

だけど、成長率の違いで、花の集まり具合はこんなに変わってくるんです。
きっと成長に関連する個体の遺伝情報が違うんだろうね。

人にもみんな個性があるように、植物にもそれは同じで。

同じ人間、同じ紫苑。

そういうゆるりとした、大きなキャパでいろんなものを認めていければ

ずっと楽しく、仲良く共生できるんだろうね。

蒼ちゃん、咲きました!

ao070914.jpg蒼ちゃん、咲きました!

二株が一輪ずつ花を付けています。

haku070914.jpg

そして白は只今見ごろ!

今日、renのお客さんが2人来ていたんだけれど、花を見せてほしいと言うのでご案内。
気を良くしたrenは、お土産に白の花を一本ずつプレゼント。

せっかく大事に育ててるのに悪いよ、と言ってたけれど、でも、花は咲いて愛でられる事が本望じゃないかと。

確かに切らない方が長く持つとは思うけれど、他の誰かの心にも、存在を残すことが出来るから......

それは、イイコトなんだと思うよ。

色付き始めました

白のつぼみがさらに大きくなって、花びらがきれいに色付き始めました。

haku070902.jpg白 =91cm

これは、中でも一番開花が早い、背丈が半分ほどの株の花です。

そして蒼ちゃんの様子。

ao070902.jpg蒼ちゃん =169cm

つぼみはまだ固く、背も伸びています。

去年同様花の季節が来ると、開花の準備に入るため、茎の成長を止めます。

白も蒼ちゃんも今年は少し成長不良気味なので、花の数は少なそうだね。

紫苑、いよいよ発芽!

070308.jpgこんにちは!案内人のシオンです。

昼間の日差しがずいぶん暖かくなってきました。

ここも4ヶ月ぶりの更新です!

今の紫苑の庭はこんな感じです。

3日前、renが地面に生えた苔を落とした時のこと。

古い株を抜いて土の中を覗いたら、白い芽が見えたんだって。

そろそろだなーって思っていたら、今日、紫苑の赤い新芽がニョキっと顔を出していました。

左が蒼ちゃん、右が白の新芽。

ao070308.jpg haku070308.jpg

 

よーく見るとこれだけではなくて、地面の色にまぎれ、たくさんの小っさな新芽が顔を出していました。

根が成長する4月頃には、去年よりもずっと広い範囲で、紫苑の新芽が見れると思うよ。

また来年!

後から咲いた花も盛りを過ぎたので、そろそろ冬支度することにしました。

061113b.jpg

刈り取った枯れた茎をならべてみたよ。

061113a.jpg

左が白(=131cm)で右が蒼ちゃん(=266cm)。

061113c.jpg刈り取った後の地面の様子はこんな感じです。

ふたつの紫苑の成長は、どんな環境でも、基本ほぼ2倍の差が出るみたい。

どちらの紫苑が原種に近いのか、そこまではまだ調べられていないけど、どちらであっても、紫苑は紫苑。

人にもいろんな外観があるのと同じ。

同じ仲間、なんだよね。

2日後の違いって分かる?

ao060922a.jpg  

ao060922b.jpg

蒼ちゃんは、やっと紫苑らしい花の開き方に。全体的にこんな感じで咲いていますが、まだまばらな感じ。
白に比べ、倍近く背が伸びるので、花同士の位置も離れて、こんな印象になるんだよ。

haku060922.jpg白の全体はこんな感じ。

  

haku060922b.jpg

よーく見てみると、花の密集率が違うでしょ?

白は今日あたりが、花のピーク期になると思います。

renは密集した花の咲き方をする紫苑は、白をもらって育ててみて、初めて出会ったんだって。

花自体はまったく一緒。
だけど、それぞれに花の印象が変わるでしょう?

これも"個性"ということかな。

咲き乱れて......

一番花が咲き始めて白は、あっという間に花盛り。

haku060920.jpg

蒼ちゃんのつぼみも、もう一息って感じ。

ao060920a.jpg ao060920b.jpg蒼ちゃんは、どうしようもないくらい空の高みに向かっています。

これほど伸びるとは。

さすがにrenも予想外だって。

それにしても......花が全然見えないよぉーっ!

どこまで行くんだー?

ao060728.jpg「まさしく、これが本当の紫苑の姿だね」

renはそういいます。
なぜかというと、今年の蒼ちゃんは、成長の勢いを失わなわず、このまま行けば2m越えも容易にしそうだから。

haku060728.jpg

 

 

蒼ちゃん=186cm→

 

←白=100cm


 

 

 

今年は白もまだ7月の段階で1mを越えていて、ずいぶん大きくなりました。

そろそろ梅雨も明けそうだし、これからどんどん日差しを浴びて、どこまで背を伸ばすのかが見ものだね。

一ヶ月でこんなに成長!

ao060719.jpg久しぶりの全体画像です。

今日、やっと雨が上がったので、せいくらべをしたんだけど......。

測ってみてびっくり。

haku060719.jpg

白は90cm、蒼ちゃんは既に160cmも!

なんという成長っぷり。

去年は長身の蒼ちゃんでも、120cm程度までしか延びなかったのですが、やはり地植えは違うらしい。

今年は2つの紫苑の、それぞれの特徴がよく出ています。

haku060719b.jpgそして、前回の紫苑@根っこ侵攻作戦。とうとう、壁越えされてしまいましたー。

ren:「よくもまぁ、こんな隙間を狙って......」

白い柵は、renが飼い始めた犬のアルが、紫苑の新芽を踏んだり、葉っぱを食べてしまうので、そのガードのためにつけたんだけど、それをうまくよけて顔を出しているよね。

根っこの先には、どうやらセンサーがあるみたい。

蒼ちゃんに、数匹のハダニが付いていましたが
今年は本当に少なくて。

手で取っている程度でひどい被害は見当たらず。

地面に根っこが生えていると、植物はやっぱり元気で丈夫なんだね。

異なる風情

tasogare-ao.jpg夕暮れに蒼ちゃん、です。

黒く映し出されたシルエットが、ちょっといい感じ。

 

建物の影と同化する、都会の紫苑。

 

 

haku050926.jpgそして、これが同じ紫苑?と思うほどひしめき合うように咲く白。

「一見、ヒヤシンスっぽいね」とren。

 

......紫苑だってばっ!

花雪洞 -花ぼんぼり-

haku050919.jpg「真上から見ると、舞妓さんのかんざしみたいにもみえるなー」とは、renの言葉。

白は、平均的な成長をする紫苑と比べると、ずいぶん小さな背丈で、葉の脇から出た花の部分も、蒼ちゃんに比べて短い。
でも、花の数は負けず劣らずあるし、頂点の花同士の空間が殆どなくて、真上から見たら鞠のよう。

これはこれで、かわいい感じもするよね。

 

ao050919.jpgこれは蒼ちゃん。
鉢植えの蒼ちゃんは、地植えの紫苑ほどは伸びなかったけれど、見栄えはそのもの。

紫苑は、大体が広く群をなして咲く花だから、蒼ちゃんのような咲き方でも、ぎっしり咲いて見えるんだよね。
たくさんあると、遠くからでも淡い紫色がふんわりとと広がって見えて、とってもいい感じなんだ。

そして今日の身長。
蒼ちゃんは127cmで、変わらず。
やっぱり花がつき始めたことで、丈の成長は止まったらしい。

......と思ったら。

白は73cm。
なんと、前回から7cmも伸びたんだ。

どこまで蒼ちゃんに近づけるか。
がんばれっ!

紫苑、3分咲き~!

ao050915a.jpg

haku050915a.jpg

 

一日遅れで、蒼ちゃんにも一度にたくさん花が開きました。
結果的に3分咲きって感じかな。
左が蒼ちゃん、右が白。
こうして比べると、似ているようで、かなり特徴的な違いがあるんだよね。

 

ao050915b.jpg

haku050915b.jpg

 

花の部分の全体像も「これが同じ植物?」ってくらい。
やっぱり、出身地が違うからかな。

今夜、蒼ちゃんを分けてもらったおうちのそばを通ったrenが、蒼ちゃんのお仲間を見てきたんだって。
そしたら、まだ固いつぼみだったらしいよ。

「そうだなぁ。うちの紫苑の、9月初め頃の感じかな。でも、うちは日当たりがかなりいいし、あちらは北向きだからね。やっぱり、日照時間って言うのは、かなり影響するのかもね」

そして、身長報告。
蒼ちゃん127cm、白66cm。
もう花が咲き始めたから、さすがに背は伸びないか。

それでも強く、花は生きる

haku050905.jpg白のつぼみが、ほんの少しだけ、ほころび始めました。
この前ジャブジャブ水洗いしたあとだったから
ちょっと心配だったんだ。
でも、残ったつぼみ達は、しっかりと膨らみ、もうじき花を開きそうな感じです!

お団子体型の白に比べると、蒼ちゃんはしっかり紫苑らしい成長ぶり。

葉っぱの形も、成長過程も殆ど同じなんだけど
背丈やつぼみの集まり方が、ホント違うんだよね。
「もしかしたら白は、同じ紫苑属でも、微妙に違う種類なのかもしれないなー」
......って、renは言っている。

ao050905.jpg単に育成環境から来る、個性の違いなのか、それとも亜種なのか。
二つが咲いてみるまでは、なんとも言えないね。

台風接近につき......

ha&a050825.jpg日頃から、風の良く吹くベランダのわりに、しっかりと立っていてくれる。

けれど、さすがに台風直撃だと、折れる心配、大!!

そこで、夜になって玄関先に大移動です!

蒼ちゃん123cm、白70cm。

まだまだ背を伸ばしています。

そして、つぼみもだいぶ膨らんできました。 

 

 

 

 

haku050825.jpgこうして並べてみると、花まで細っちょと太っちょの性格が......。

ao050825.jpgrenは「花びらも、もしかしたら微妙に性質が違ってるかもね」だって。

花びらも?

なんだか楽しみ!!

 

 

紫苑につぼみがついたよ!

haku1-0818.jpg白は、一番上と脇芽にもたくさんつぼみが付きました!!

蒼ちゃんは一番上に。

昨日は気がつかなかったから、ほぼ一昼夜でここまで変化したことに。

ビックリだよーっ!

 

haku2-0818.jpg

ao1-0818.jpg

せいくらべ

ao&haku0816.jpgいつも別々の写真で、二つの成長の違いがよくわからないだろうと、renが無理やり一緒に写真を撮りました。

蒼ちゃんは114cm。白は66cm。
でも、こうして並べると白の茎の部分は太いでしょ?

地植えだと、背は蒼ちゃん(もうちょっと高いかな)で、茎の太さは白と同じくらい。

でも、脇芽(将来、花のつぼみがつく)が出たのは、ほぼ同じ日。


さて。

どんな花がつくかなぁー。

蒼ちゃんの成長に進展!

ao050728.jpg久しぶりの報告です!

この写真は蒼ちゃんです。
茎から出た葉っぱの元の部分に、あたらしい芽が出てきたんだよ!
そして、長さも90cmに!100cmの大台も間近です!

この前、蒼ちゃんをもらったお宅の紫苑の様子を、renが通りがかりに見てきたんだって。

「やっぱ地植えはちがうねー。もらった段階では蒼ちゃんが一番成長していたんだけど、すっかり追い抜かれていたよ。2割増しの成長速度、かな」

鉢植えのベランダ栽培。おまけに南西に置かれた不向きな環境でも、ここまで背を伸ばしてくれた蒼ちゃん。

結構、がんばってると思うなー。

ao050728-up.jpgちなみに、白はというと......

相変わらず太く短く濃い緑のまま、やっと56cmになりました。

秋には、この成長の違いが花にどう関係してくるか、renは楽しみみたいだよ。

元気になったよ!

050503-ao.jpg先週末、雲が多かったせいか、日差しも和らいで、弱っていた蒼ちゃんがしっかりしてきたよ!
葉っぱは、昼間でもピンとたって、緑色が落ち着いた感じ。
なかなか新芽が伸びなかったのも、ここ何日かでグンと伸びたみたい。
最長の葉は23cm。

050503-haku.jpg白は、相変わらず伸びてます。
最長の葉は27cm。

こうして二つを比べると、それぞれ個性があるみたい。

白は蒼ちゃんに比べてスマートな葉っぱ。

去年一年、鉢の中で育っていた白と、地面に根を生やしていた蒼ちゃん。
当然白は限られた土の養分しかなかったから、細くなったのかもしれない。
何より、もらってきた場所がぜんぜん違うから、体質も違うのかな、とも思う。

renは「去年一年間の環境がまったく違うから、それがどう影響するのかも、面白いよね。でも、どっちかだけでも花咲いてくれれば、の話だけどさ」だって。

まだ、renは咲かないかもしれない、って思ってるみたい。
よっぽど自信が無いんだよっ、きっと。