紫苑の画像

紫苑もピークを過ぎ......

秋だか夏だかよく分からない気温の中、紫苑の花はだんだんピークを過ぎ、花も終わりを迎えました。

リアルタイムでの更新が出来なかったので、まとめていくつか写真をUPしておきます。

まずは9/25に撮った蒼ちゃんの写真。

ao130925b.jpg

なかなか外をゆっくり見る時間もないので、今年は切花にして家の中に飾りました。

ao130925a.jpg
これで3本分の花です。
やっぱり、1本あたりの花のボリュームが少ないかな。


次に10/2の写真。

haku131002.jpg
一番初めに開花した白。今年は不作でした。ご覧の通り、発芽はこんなにたくさん出たんですけどね。

ao131002.jpg
つぼみと中央の黄色い部分が色あせた花が共存。紫苑の花は退色しても花の形を維持するので、種が熟してタンポポみたいに綿毛ができるまでは、遠目にはいつまでも花が咲いているように見えるんです。

そして蒼ちゃんJr.の写真。
aojr131002.jpg

ちゃんと開花しましたー。
種からの栽培、今年は大成功です!

やはり全体に葉も小さく、小さめ。

来年は大掛かりに場所や土の入れ替えが必要そうですね。

開花しました

突然ですが、紫苑の花、今年も何とか開花しました。

初めて咲いたのはやっぱり白!開花日は2013年9月12日でした。

まずは全体の様子を!

hakuao130916.jpgご覧の通り、花数は極端に少ないです。

そして、白は今年は1本しか花をつけませんでした。
唯一咲いた花がこちら。

haku130916.jpg
今年は猛暑のせいもあって、水はこまめに上げていましたが、途中であげた土壌改善用の土がよくなかったのか、小さな雑草が山のように生え、それを完全に取り除けないまま月日が流れたため、肥料を持っていかれたような気もします。

来年は植え替えで場所を変えないといけないかも知れません。

次に蒼ちゃん。

ao130916.jpg
蒼ちゃんもやっぱり花丈も数も少なめですが、白と同じような理由かな、と思っています。

そして、今年はがんばりました!蒼ちゃんJr.!

aojr130916.jpg


種から発芽した3年目の蒼ちゃんJr.。
今年はやっと花をつけてくれそう!

これで、紫苑の花が種からでも何とか花を開くのだということが証明できました。

紫苑の花の栽培を始めて10年。

この数年は、管理人renがあまり庭に手を入れる時間が取れなくて、なかなかいいニュースをお知らせできなかったんだ。
けれど、今年は『シオンの庭』の成果をお伝えできることが出来て、本当によかったと思っています!


また、庭の花がちゃんと咲いてくれたら、お知らせしますね!

紫苑の花がそろそろ開花?

5月の更新から今日まで、結局写真撮影が出来ないまま、あっという間に開花の時期を迎えてしまいました。

管理人の、renのリアル仕事が6-8月で極冬期(?)を迎えていたらしく、庭も、殆ど手付かず状態だったんです。

梅雨がすぎて、雨が降らなくなった8月。

なんと、一度鉢植えに入っていた蒼Jr.は、renが気が付いた時はすでに枯れてしまっていたんだ!!!!!

手入れをしなかった結果、だよね。かわいそう。

aojr120913a.jpg
......でもね。

その後、何と復活っ。

これには僕も感動したよ。

根は乾いた土の中でも、何とか命をつないでいてくれたんだ。
残念ながら、そんな感じで今年もjrは花を咲かせなさそうだけど、生命力の強さは、早くも実証されたわけです。

今年の暑さは驚くことも疲れるくらい、未だにいやになるほどの気温だけど、紫苑の花の強さには頭がさがる想いです。

白と蒼ちゃんも水切れのせいか少し背も低いけれど、何とか花は咲きそうです。

haku120913a.jpghaku120913b.jpg


ao120913a.jpg白は70cm、蒼ちゃんは129cmでした。

ao120913b.jpg



また花が開花したら、報告します!!

紫苑の成長は順調です。

写真は無いのですが、4月の初めごろに化成肥料を与えました。

その効果があったのか、一ヵ月後の5月、こんなにたくさん葉が出ました。

haku120505.jpgao120505.jpg


雨が多かっこともあって、ほったらかしにした結果、雑草がひしめき合うように生えている部分を発見。

初夏の陽気だった真昼の庭で、renは草引きに没頭していたよ。

『もう、汗かくし、顔も日焼けしたよ』

......まぁ、たまにはいいんじゃないかな?

去年その前の年と、世話も悪かったせいで途中で枯れて、一度も花を咲かせることができなかった、種から発芽した紫苑の芽。

今年も何とか同じ鉢植えから生えてきました。

aojr120505.jpg
3m以上もあるエレガンテシマの影においていたため、日がまったく当たらず、ちょっとひ弱な葉っぱ。

まだrenも休みが一日あるから、明日には別の鉢に植え替えるつもりみたい。

今年は成長しますように!

2012年シオンの庭開園です。

今日は春らしい、あったかい一日でした。

久しぶりに自宅で休みを過ごしたrenが、去年の9月以降ほったらかしだったシオンの庭を、やっと思い出してのぞきに庭へ出ました。

『芽が出てる!!!!』

haku120322.jpgそういえばもう3月も後半。

いつもならとっくに芽が出てる時期だったよね。

白もやっと芽を出したばかり。
蒼ちゃんもまだまだ端っこの方で芽を出しているだけなんだけれど、それぞれ5つぐらいは確認できました。

ao120322.jpgいつもどおり、新芽は濃い赤紫色。

ここから大きくなるたびに、ほうれん草のように大きく、深い緑色になっていきます。

できるだけ時間を作って、画像を更新していくと、毎年renは意気込んでいますが、さて、今年はどうかな?

冬の間、肥料を上げていなかったので、今度の日曜日には忘れずにあげてよね!

今年もよろしくお願いします!

シオンの庭、咲揃い♪

9月25日頃から咲き始めた蒼ちゃんも、一週間できれいな姿を見せ始めました。

ao101002a.jpg
haku101002.jpg


白は多くの花の黄色い部分が白っぽくなり、花のピークを越えてきました。

ao101002b.jpg

今年は花の開花が約10日程遅くなっているようです。

お天気がいい今日みたいな日には、蝶やきれいな黒い縁取りつきの薄羽を持った見たことのない虫、ハエ(笑)なんかもきて、庭がにぎわっていたよ。

おまけに4時を過ぎる頃、耳元を随分大きな羽音が聞こえたので慌てて見回していると、お尻の大きな黄色いでっかい蜂が!!!!!!!

これはもしかして......キイロスズメバチ!?


ao101002c.jpg

『うわぁ~~~~~~~っ』

チョット怖いお客さん。

ソーッと紫苑の花のそばから逃げちゃった。

しばらくして蜂が居なくなった後に、4本だけ蒼ちゃんを切花にしました。

renが一本だけ、ダイニングの隅っこに差してみたよ!

「今年はたくさん咲いたから、少しだけ切花で楽しんでもいいかなー♪」だって。

17日にはこんなにも!

haku100917a.jpg
紫苑の花が咲く季節に入ったというのに、全然更新できていなくてごめんなさい!

遅ればせながら、2010.9.17に撮った白の様子をお伝えします!

白は前回の5日から4-5日経って、一つ目の花が咲きました。

そこから約1週間で、8部咲きになったんだよ!


ao100917a.jpgでも、今年は猛暑の影響で、やっぱり開花リズムが少し変な感じ。

まだ蒼ちゃんは、まだまだつぼみのままだし、17日の段階では白もこの一本だけが全体に咲いただけ。

他の株も1部咲きくらいにはなっているけれど、まだまだ咲き始めの印象です。

haku100917b.jpg
ao100917b.jpg



今日23日は、一日中大雨。

残念ながらあまりに強い雨なので白の様子を写真に収める事は出来ませんでしたが、白は今、キレイに咲きそろっています。

明日、晴れたら写真に撮らなきゃね!

もうすぐ咲きそう!

haku100905.jpg
画像は白です。

そろそろ花びらが開きそうです。

今のところ身長は
白が76cm、蒼ちゃんが136cm。

蒼ちゃんはまだつぼみが固く、開きそうになりません。

今年の猛暑が、どんな影響になるか心配だったけれど、少し背が低めで茎が細めという以外はそんなに心配ないみたい。

花数はびっくりするくらい多くて、蒼ちゃんも白も20本以上咲きそうです。

楽しみ!

つぼみがつきました。

相変わらず30度を越える気温が続いています。

雨もあまり降る事がなく、空気は乾いたまま。

そんなイレギュラーな夏、今年の紫苑の様子は少し違ってきたみたい。
ちなみに写真は8/23(5日前)のものです!

haku100823a.jpgao100823a.jpg


毎年120~150cmにはなっていた蒼ちゃんの背丈が、今年はあまり伸びていない感じ。

写真では良くわからないけれど、隣の白と大差がないんだ。

背が低いだけじゃなく、茎の太さもあまり成長がみられないみたい。

でも、全体のサイズが小さいほかは順調で、白にはしっかりとつぼみがつきました。

haku100823b.jpgao100823b.jpg


蒼ちゃんも少し見えてきたよ。

つぼみが付いてきた紫苑は、これ以降あまり成長をしなくなり、開花の準備に入ります。

花の数は多そうなので、今年は切花で楽しめそうだね。

紫苑の種から新芽が!

紫苑の芽が出て2ヶ月が経ちました。

そして今日、嬉しい報告が出来ます!

aojr100602.jpg昨年だめもとで収穫した種を植木鉢に蒔いて一冬越していましたが、なんとそこから見事新しい紫苑の芽が出ました!!

この芽の元になったのは背の高い蒼ちゃん。

実は、そう簡単には発芽しないと思ったrenが、ラッパ水仙を植えていた鉢に種をまいたので、水仙の葉を切るまで、発芽していることに気が付かなかったんだ。

庭で3月に新芽を確認した時、鉢には水仙しかなかったらしいんだ。だから、やっぱ無理
だったか、と思っていただけに、この変化はrenも相当嬉しかったみたい。

ren:「自然の成り立ちのまま、放置ってっていうのが成功の鍵かな??やっぱり過保護はダメだよ、過保護は!!(笑)」

せっかく種で発芽した蒼ちゃんJr.なので、今年はこの鉢で育てるんだって。ラッパ水仙には悪いけど、一度球根を掘り起こすみたいだよ。

そして、シオンの庭の蒼ちゃんと白。

ao100602.jpghaku100602.jpg


葉っぱの数は去年よりも倍以上、そして順調な伸びを見せていますが、やっぱり葉の色は薄め。

植え替え後2年目ですが、狭い範囲にこれだけ増えると、やっぱり根っこは土の中でひしめき合っているだろうね。

そしてちょっと余談。

"醜草"といわれるだけあって、やっぱり紫苑の花は、どんな環境でもがんばって大きくなるんだなぁ、って思っていたら、renが一言。

ren:「どんな環境でも成長するなんて、君と同じじゃない。やっぱりこの命名には運命を感じるねぇ。まぁ全てはシオンつながりってことで!」

......思いつきで付けられたこの名前には、確かに何かを感じるけれど......でも、フィクション(小説)とはいえ、設定であんまり無茶ぶりされても困っちゃうから、お手柔らかによろしくね。

もりもり成長。

ao100519.jpg
haku100519.jpg


一ヵ月後の紫苑です。

株の数は去年植え替えした数よりもだいぶ増えていますが

倍というほどではない様子。

葉っぱの勢いはとてもよくて、目下ほうれん草状態です。

小さい株も多いので、今年はどのくらい花が咲くかな?なんて思っていたら

そろそろ追い肥をあげてもいいかな、とren。

栄養が多すぎても葉っぱばかりが成長するし

少ないと細ーい茎になって花数も減るので

この辺の加減は大事かもしれないね。

予想外

haku090827.jpg更新が3日も遅くなりました。


写真の紫苑は8月27日の撮ったものです。

 

白の中でも、一番背が高く、花の部分が広範囲になった株です。

このほかに3株がつぼみをつけていますが、少し小さめな感じです。

 

 

ao090827a.jpg ao090827b.jpg 

いつもなら白のほうが先に花を開き、色付くのですが、今年はなんと蒼ちゃんの早咲き株がありました。
これにはrenも驚きでした。


ao090827c.jpg蒼ちゃんの株は背丈は平均的な感じですが、今年はつぼみの付きがよく、たくさんの花が見られそうです。

 

植え替えをしたことで、良かった点、良くなかった点をきちんと観察して、数年後に再度植え替えをするときに活かせるといいな。

つぼみがつきました

7月中、紫苑はどんどん背を伸ばし、白は最長89cm、蒼ちゃんは最長147cmまで成長しました。

ao090812b.jpg haku090812b.jpg

蒼ちゃんは10本以上花芽が出たけれど、白は3本しか出ていません。

実は、この花数の少なさは想定内。

ことしは春の植え替えをしたんだけど、この時点で、特に白は根っこが短かったんだ。
まだ十分成長していないからなんだろうね。葉の色は去年に比べて緑色が深く、元気そう。

そして、白も蒼ちゃん共につぼみがついたよ。

ao090812a.jpg haku090812a.jpg

 

とはいっても蒼ちゃんは、まだまだ細い茎の花芽がいくつか見られるだけ。

一番背の高い成長が良好なものにつぼみの姿はまだないので、去年と同様に白と比べると、一週間から10日は後咲きになりそうな印象です。

白に関しては、花数は少ないけれど、背丈は去年とほぼ同じに成長しました。

今年、初めて株分けをしたので、花の付きかたにどんな変化があるのか、その辺も気になるところです

何かいるよ。

一ヶ月ぶりの報告です。

このところ、夕方から夜にかけて土砂降りのお天気。
梅雨に入ってからというもの、昼間は雨が降らなかったので、渇き気味の土にはちょうどいい具合です。

haku090617.jpg ao090617a.jpg

 

白50cm、蒼ちゃん75cmです。

背もだいぶ大きくなり、花をつける予定の茎も、何本か確認できるようになりました。

下葉も少しずつ枯れ始めたので、そろそろ手入れも必要そう。

ao090617b.jpgそしてとうとう虫食い発見!

蒼ちゃんの新芽を一つやられてしまった!

広範囲に葉を食われている様子を見ると、バッタが犯人かなとも思うのだけれど。

......現行犯逮捕するしかないね。



                 * * *

090617.jpg【今日のお客さん】
風を避けるようにして、葉の奥のほうに隠れていました。

 

とっても薄っぺらい客人です。

もりもり。

植え替え後、約一ヶ月が過ぎました。
葉っぱも大きくなってきたよ。

ao090511.jpg haku090511.jpg

 

蒼ちゃんは既に30cm越え。大きな葉の周囲には、ぎざぎざが目立ち始めています。

白はまだ20cmくらい。発芽は白のほうがちょっと早かったんだけれど、蒼ちゃんの丈の伸びっぷりには叶いません。

今のところ、葉の枯れや虫食いもなさそう。
共に順調に育っています。

順調です

植え替えをして以来、初めての報告です。

まずは白から。

haku090421a.jpg haku090421up.jpg

 

そして蒼ちゃん。

ao090421a.jpg ao090421up.jpg

 

どちらも元気に根付きました。
土の肥料も豊富なので、はくも蒼ちゃんも葉っぱが青々しています。

でも蒼ちゃんはやっぱり成長の速度が速い。既に1.5倍くらいの長さです。

今年は何本くらい蕾がつくのかな。

植え替え実行!

いよいよ春も本格的になり、庭の紫苑も10cmくらいまで成長してきました。

芽吹き始めて約1ヶ月。新芽はあっという間にサクの中一杯になりました。

haku090408a.jpg haku090408aup.jpg

 

uekae3.jpg去年から予告していた通り、いよいよ植え替えのタイミングです。まずはびっしり生えた根をなるべくきらないように、紫苑を土から掘り起こしました。

白だけでも、こんなにたくさん株が取れました。

さらに残った根や石、住み着いているカナブンを始めとした幼虫類......そして。

去年蒼ちゃんの根が倒れる事件の犯人だった『大アリ』を、巣ごと一斉大撤去。でっかい女王アリも見つけ、renは興奮して大騒ぎ。
僕も女王アリは始めてみたけれど、大きさが2cm弱くらいはあって、ちょっとびっくりしたんだ。

uekae-omake.jpg

 

そして白の隣に植えている木いちごの根っこが、かなり深い位置に1m以上も侵入していて、驚くほどたくさんの根を抜きました。

 

 

 

uekae1.jpg

 

 

すっかりキレイになった、白のスペース。

 

 

 

uekae2.jpg次は、空気をたくさん含ませキレイに耕した土に、たっぷりの腐葉土とリンカリ肥料を投入し土作りです。

 

 

 

 

この肥えた土に比較的株の大きい白の分身を、等間隔に3列で植えつけました。

haku090408b.jpg haku090408bup.jpg

 

ちょっとへたれ気味の、植え替え直後の葉っぱ。

紫苑は本来乾燥がニガテ。
そして、もともとかなり長い根っこを、掘り起こしの時にどうしても傷つけてしまう。
だから、植え替え後1週間くらいは、たっぷりの水をたびたび与え、土の乾燥をさせないよう注意しないと、葉っぱがへたれてしまうんだ。

uekae4.jpg

 

そうそう、植え替えなんてめったにやらないから、ついでに白の根っこを見てみようか。

去年以前に花を咲かせた株の、太く成長した根が茶色くなり、中はスカスカになって、まだ少しだけ残っていました。

役目を終えたあとは、潔く土に戻るみたいだね。

 

        * * *

  

 

 

そして蒼ちゃんの画像も。

ao090408a.jpg ao090408aup.jpg


植え替え後はこんな感じ。

ao090408b.jpg ao090408bup.jpg

 

一日仕事だったけど、無事に植え替え終了!

今年は栄養たっぷりだけど、植え替えのストレスが開花にどう影響するかが目下renの心配事。

この一週間のお世話が大事だね。

写真だけでも。

renが忙しくて......とりあえず撮った写真をお披露目。

haku090402.jpg ao090402.jpg


今年もたくさん芽吹きました!

もう少し成長したら、今年は株を植え替えて、土を作りかえるんだって!

シオンの庭、開園。

こんにちは!シオンの庭の留守番役、シオンです。

ao090310.jpg3月に入り、そろそろかなーと思っていたrenの紫苑(蒼ちゃん&白)が、今週に入り新芽を出し始めました。

このほかにも、とっても小さいものが3つほど確認できました。

2~3年経つと、自生力の強い紫苑の根っこは周辺に半径1mは伸びていくんだ。


haku090310b.jpg現在の紫苑の庭は、幅250cm奥行40cmの周囲を深さ20cmのレンガで仕切り、二分割して栽培しています。

昨年はとうとう仕切りの深さを越えて柵の外にまで根を張り、2箇所も芽を出しました。
だから、もう少し成長を待って、生えすぎた根っこを剪定する予定です。

 

という事で、この紫苑育成ブログ、今年も今日からスタート。

秋の開花まで、蒼ちゃんと白の成長をレポートします!

約半年の間、どうぞ気長にお付き合いくださいね!

冬がやってくる

すっかり立ち枯れてしまった、冬の紫苑。

haku081125a.jpg

ao081125b.jpg haku081125b.jpg

 

 

ao081125a.jpg先に花が終った白は、そろそろ種を飛ばす時期。
蒼ちゃんはこれから綿毛に変わっていきます。

タンポポとは違って、とても小さい紫苑の綿毛。
紫苑の種は、どのくらい離れた場所まで飛んでいくのか。

どこかで一個でも芽を出せるといいな。

もう少ししたら立ち枯れた部分を抜き取って、春までにギュウギュウ詰めの根っこも、すっきり剪定する予定。

次の秋には、たくさんの花を見せて欲しいからね。

 

     * * * * * * *

 

シオンの庭にお立ち寄り頂いた皆様へ。

蒼ちゃんと白の春からの成長を、一緒に見守ってくれてありがとう。

今年はrenのスケジュールが混んでいて、写真が少なめだったけれど、楽しんでもらえましたか?

11月もあと数日。

今シーズンの更新は今日がラストとなりました。

冬の間、紫苑は地中でしっかりと根を休め、春の訪れを待ちます。

それまで、シオンの庭はお休みということに。

来年の3月、たくさんの草花が芽吹く季節に、土の中から小さな芽を見つけたら、紫苑の花が大好きなあなたと、またここで逢えるとうれしいな。

その日を楽しみに......それでは!

そろそろ

11月に入り、紫苑もいよいよ次の春に向けた準備を始めました。

ao081105.jpg haku081105.jpg


今年は花丈も低く、開花数も多くなかったので、いよいよ根詰まりの予感です。

お天気のいい日に、一度土を掘り起こして、根っこの剪定をしたほうがいいね。

もうちょっと。

そろそろ開花の季節がやってきます。
白も蒼ちゃんもほぼ成長は止まり、これからつぼみがだんだんと膨らんで色付き始め、開花を予感させてくれます。

まずは、白の8/24と今日の、5日間でのつぼみの変化を比べてみるね。


haku080824.jpg

↓↓5日後↓↓


haku080902a.jpg

つぼみの先端がわずかに開き、中心には見え始めた花びらの色が確認できます。

そして蒼ちゃん。


ao080824.jpg

↓↓5日後↓↓


ao080902.jpg

まだ、白のように綻ぶまではいかないけれど、つぼみはわずかにぷっくりとしてきました。
こんな感じで毎年、蒼ちゃんの方が、ほんの少し開花が遅い傾向があります。

そして、花の付いた茎の部分が伸びた分、花同士の間隔は開いて、密集して開花する白との違いが大きくなりました。

そして、白の成長過程で、先端の若い葉を食い荒らした犯人を発見っ!

haku080902b.jpg8cm程もある大きなショウジョウバッタ。
このほかにも3匹のバッタが、紫苑の葉にくっついていました。

「コンニャロー!お前か~~~~!」って言いながら、でっかいバッタを追い払うren。
でも何度払っても、バッタもバサバサ飛びながらUターンするんだ。


renもバッタも、諦め悪......っ!

......葉っぱは食べてもいいから。

お願い、つぼみは食べないでねっ。

2ヶ月分の成長

こんにちは!そしてお久しぶりです!

renが、紫苑を撮影する時間がなかなかとれなくて、成長日記が2ヶ月も空いてしまいました。
時々ここをのぞいてくれる方、本当にごめんなさい!

早速、蒼ちゃんと白の画像を公開!

ao080824a.jpg  ao080824b.jpg

 

haku080824b.jpg

二つとも、先にはつぼみがしっかりとついています。

←蒼ちゃん 166cm

 ↓白 70cm

haku080824a.jpg

7月に入ってからしばらくしてのこと。
なんと白は、穂先の柔らかい部分を、なにかの虫に食べられてしまいました。
(多分、大きなショウジョウバッタ!時々、白のそばで見かけたんだよね......)

実は去年も同じ事はあったのですが、2本ほど食われただけ。
今年はその被害本数がちょっと多かったので......花に影響しないかと、内心ドキドキでした。

でもちゃんとつぼみはつきました。
よかったー。

ここから一週間から10日くらいで開花するんじゃないかと思います。
花が咲き始めたら、また報告するね!

珍しいお客さん

梅雨に入っても、お日さまと雨とが交互にやってくるせいか、セイタカアワダチソウが20cmほど背を伸ばしていました。
紫苑の葉もだいぶ大きくなったので、陰になり気がつかないまま一緒に成長していたり。

renも栽培4年目に入って、ちょっと油断してるな。

haku080625.jpg ←白 50cm

ao080625a.jpg ←蒼ちゃん 82cm

蒼ちゃんの柵越えした新芽もこんなに大きく。
実は一度だけ、renははみ出した芽だけ取ったんだけど......。

また同じ場所から生えてきちゃった。

凄い生命力だよね。

ao080625b.jpg今日の空は曇天。
でも、紫苑の葉には珍しいお客さんがやってきて、しばらく羽根を休めていました。

もうじき台風もやってくる季節。
準備は早めに考えておかなきゃ。

成長したよ!

一ヵ月後の紫苑の様子です。

  haku080515.jpg←白 38cm

  ao080515a.jpg←蒼ちゃん 50cm

写真でも分かるように、今年も蒼ちゃんの成長がやや優勢。
葉っぱのサイズも一回り大きいようだね。

ao080515b.jpg ←一番大きい50cmの蒼ちゃん株。

renがほうれん草と呼んでいるのがこの時期。
でも、葉っぱは実はちょっと硬くて。
......食べられそうにはないよっ。

下葉が少し黄色くなったり、茶色の斑点が出来て枯れてきたりしている。

追い肥で少し栄養をつけると、緑が強くなって黄色の色は減るけれど、新しい葉が出るのと平行し下葉が少しずつ枯れていくのは順当だから、少しずつ手入れは必要だね。

背比べ、開始。

栽培4年目を迎えた紫苑の庭には、今2種類の紫苑が育っています。

ひとつはrenが『白』と呼んでいる、一番最初にとあるルートで園芸屋さんから手に入れた株。
これは、一般的にいわれている紫苑の中でも、少しだけ背丈が小さくて、120~150cm位にしかならない特徴を持っています。

もうひとつが『蒼ちゃん』と呼んでいる、白よりも1年あとでボクの庭にやってきた株。都内某所の玄関先に植えてあったものを、お願いして分けてもらったんだ。
蒼ちゃんはね、背丈が最終的に180~260cmにもなってしまうという、白とは真逆のノッポ。

でも、花も葉っぱも、大きさも形もほぼ同じ。花数は大差ないけれど背丈が違う分、開花時の密集率はだいぶ違って見えるので、それぞれに違った風情が生まれます。

4月に入って、たくさん目が出始めました。

haku080415.jpg←白 18cm

ao080415a.jpg←蒼ちゃん 24cm

蒼ちゃんは、去年から既に柵越えを果たしていて。
とうとう、柵の外で株が別れたみたい。

ao080415b.jpg株別れした下の葉っぱは踏んずけられて、ちょっと変な形に。

そでも、強く成長してる。

このまま放置すれば、きっと芝生のあちらこちらから目が出ちゃうと思うんだけど、なんか採るのもなーって、renはそのままにしてるみたい。

でも、このままじゃ、いつか庭が紫苑だらけになっちゃうよー!

季節到来!

暖かい日が続き、地中で眠っていた紫苑が一気に芽吹き始めました!

ao080315.jpg

haku080315.jpg

まだ葉を確認できるのはこの画像の数だけ。

でも地面をよーく見ていると、濃い赤紫色をした小さな芽が、角を生やしたようにところどころからのぞいています。

いよいよ春です!

またね。

10月の半ば辺りから、立ち枯れの状態に入った紫苑の花は、花びらの退色と共に、種を飛ばすための準備に入っていました。

ao071126a.jpg←1  ao071126b.jpg←2

画像1のように初めは少し紫ががっているものが、次第に黄土色に変化(画像2)し、綿毛のようなものが見え始めてきます。

ao071126c.jpg←3  ao071126d.jpg←4

さらに時間が経過すると、タンポポが風に乗せて種を飛ばすように、紫苑もまたいろんな場所に旅立ちます。(画像3・4)

でも、強い風じゃないと、飛距離はなかなか伸びそうもないね。

ao071126e.jpg(写真の矢印)

花を失っても、紫苑は秋の青空にまっすぐ向かっています。


ao071126f.jpg

このあとrenが根を休める為に、立ち枯れた茎を抜きました。
また来年、きれいな花を咲かせてね。白と蒼ちゃん!

色付き始めました

白のつぼみがさらに大きくなって、花びらがきれいに色付き始めました。

haku070902.jpg白 =91cm

これは、中でも一番開花が早い、背丈が半分ほどの株の花です。

そして蒼ちゃんの様子。

ao070902.jpg蒼ちゃん =169cm

つぼみはまだ固く、背も伸びています。

去年同様花の季節が来ると、開花の準備に入るため、茎の成長を止めます。

白も蒼ちゃんも今年は少し成長不良気味なので、花の数は少なそうだね。

開花準備中

ao070828.jpg haku070828.jpg

左が蒼ちゃん163cm、白91cm。

共につぼみがつきました。
白はもう開花しかけていて、中心の黄色い部分が見えそうです。

昨年に比べて開花は1週間ほど早いようです。この感じだと、3日後には咲き始め、2週間後には白は見ごろを迎えそう。

背は......というと。

今年は昨年の開花時期と比べて、白は40cm、蒼ちゃんは97cmも短い。

これは『春に追肥出来なかったこと』と、レンガで地中に壁を作ったので、事実上『鉢植え環境に近くなった』事が考えられ。

2年前の、まだベランダでの鉢植え栽培だった頃の記録を見ると、蒼ちゃん123cm、白70cmだったから、きっと根っこが地中で詰まっているんだろうね。

あと葉の色も葉の茂り方も、今年はだいぶ貧弱。

特に蒼ちゃんの足元はアリの巣に占領されて、renがアリ退治のために薬を使った事もあって、その影響で、白よりも葉っぱが少し黄色いんだ。
後は猛暑で、直射日光が強すぎたから、葉焼けをおこしているのかも。

ren:「このままじゃ柵越えは確実だし。一度、根を掘り起こして土は作り変えかな」

伸び過ぎず、短すぎず。そもそも今年のこの長さが普通なんじゃないかという気もするけど、その当たりも考えながら育てなきゃいけないね。

蕾がつきました

白が一足先に蕾を付けました。

haku070814.jpg ao070814a.jpg

左が白 88cm、右が蒼ちゃん 153cm。蒼ちゃんは昨年同様、少し遅れているみたい。

今年はrenの仕事が異常に忙しくて、途中の肥料をあげられなかったんだ。
そしたら、やっぱり葉が黄色っぽくなってしまった。
葉の茂り方も、良くないみたい。
本当は、こんな暑い時期に肥料をあげる事はしないんだけれど
花を咲かせる準備にと、今日、化成肥料(リンカリ肥料)をあげました。

そして。半日前には無かった事件が!

ao070814c.jpg

地中に埋まっているはずの根っこが、ごっそり抜けて倒れています。

ao070814b.jpgさすがにこれにはrenもびっくり。

根っこ付近の土壌はひどくやわらかく、深いところまで耕されたようになっていて、そのせいで、いつもよりちょっとだけ強く吹いた風でなぎ倒されたようです。
慌てて土を補充して、支柱を立て固定しました。

ren曰く、原因は二つ考えられるらしい。
ひとつは、今年大アリが蒼ちゃんのエリアに巣を作っていた為、地中に空洞が多くあった事。
ふたつ目は、ネキリムシやコガネムシの幼虫の仕業。
ただ、ネキリムシだと完全に茎と根元の境を噛み切ってしまい、植物を枯らしてしまうだろうから、今回は根も少なからず残っていて枯れていないところを見ると、可能性は低いらしい。

いずれにしても、何らかの虫が影響しているのは間違いないと。

もう少し様子を見て、必要なら土中を調べて駆除するしかないな、だって。

その壁をも越えて往け

haku070728.jpg←白70cm

一ヶ月前には1cmだけ小さくて一番になれなかった白の左側の株が急成長。
全体的に見ても左よりの方が、株の大きさも勢いも少しだけ優勢みたい。

そして蒼ちゃんは相変わらず、ぐんぐん伸びてます。

ao070728a.jpg←蒼ちゃん130cm

でね。
とうとう、柵越えをされちゃいました。

ao070728b.jpg時間近くかかった、renのレンガ埋め込み作業は見事に玉砕だよ......。

いつも全体のイメージが多いので、今日は株の先っちょの様子も見てみよう。

ao070728d.jpg

 

今年は、蒼ちゃんの根元に大きな蟻が巣を作っていたんだ。
先週、renがそれを退治したんだけど、その時の薬の効果があってかどうか、発生しかけていたハダニが、みんないなくなっちゃった。

ao070728c.jpgその代わり、一枚の葉っぱの裏にはこんなものが。

1cmくらいの見た目は真っ白のふわふわしてそうな物体。
一見カマキリの卵っぽいけど、それにしては小さいし白い。
そもそも虫の卵か、まさか虫そのものか?

それとも、カビ??

renがいろいろ調べたんだけど、正体はよくわかんなかったみたい。

ren:「ふふふ。何がどうなるか、しばらく放置してみよう!」

え?取らないの?

まぁ、いいけど......でも。
ヘンなの出てきたら、どうするのっ!

そうは言ったもののやっぱり気になるみたいで、その後renはあてずっぽうで検索をかけました。その結果、どうやらあの白い物体は、クモの卵のうみたいだって。

ren:「最近、庭にクモの巣が多い気がしてたんだよな」

そういえば今日も、紫苑についてたクモの巣をいくつか取ったよね。

やっぱり2倍

初夏に入り、紫苑の成長期がやってきました。
数字が物語る通り、やはりスタートから白と蒼ちゃんの成長には、約2倍の差が出ています。

haku070628.jpg

ao070628a.jpg


画像は左が白42cm、右が蒼ちゃん85cm。

蒼ちゃんは今年、32本の花の咲く茎が伸びています。
白はまだ伸びている途中で、ざっと数えても20本はありそう。

中でも今年一番の成長株は、去年伸びていた根、つまり花壇の端っこの辺りに集まっています。

今年で紫苑の栽培を始めて3回目の夏。
こうしてずっと見ていると、紫苑のいろんなことがわかってきたよ。

ao070628b.jpg紫苑は昨年芽を出したものが次の年に花を咲かせるらしい。

前年と全く同じ場所に発芽した芽は、そのまま茎の先が伸びて花をつけるけど、根の先はどんどん伸びていく。その途中から初めて発芽したものは、その年はほうれん草のように葉っぱだけで、そのまま一度は枯れてしまうんんだ。

そして来年花を咲かせる。こういう感じみたい。(例外もあるんだろうけどね)

花がついた株は、枯れた後の茎を引っ張ると、太い根からはがれるようにきれいに抜けて、翌年は同じところからは芽が出ないみたい。

ao070628c.jpgそれにしても蒼ちゃんは、相変わらずの成長っぷり。
とうとう白との境界線の、レンガと壁の隙間にまで侵略してきました。

どんどん陣地を広げたいらしいね。

一ヵ月後の様子です

気温が上がるにつれ、ぐんぐんと成長し始めた紫苑の葉です。

ao070521.jpg←蒼ちゃん

haku070521.jpg←白

葉の一枚一枚が見た目よりも固くて、葉の縁はトゲトゲしてる。
だから、皮膚に触れると引掻かれて、ちょっと痒くなるんだ。

それとね。

気をつけたいのが水のあげ方。

葉っぱが茂ると、互いが重なり合い大きな傘の役目をしてしまうので、上から水をかけると、地面がちっとも湿らない。

根元にしっかりとかけてあげないとね。

ほとんど手はかからない紫苑だけど、乾燥には要注意だよ。

順調に育ってます

2月の気温になったり、夏直前のように蒸し暑かったり。
このところ気温の変化が激しくて、これが本当の春?と疑うくらい。

でも、庭の紫苑はこんなにたくさんの葉を茂らせて、順調に育っています!

ao070421.jpg←蒼ちゃん

haku070421.jpg←白

who070421.jpgそして、柵を作り変えた時に、ポットに植え変えた紫苑の根っこからも、ちゃんと立派に新芽が出てきました。

でも、蒼ちゃんの根か白の根かはっきりしない。

renったら、全然覚えてないんだよ。

「多分蒼ちゃんのほうだと思うんだけどねー。でも、蒼ちゃんと白は大きくにしたがって成長の速度が2倍近く違うから、きっと分かるよ」

......だって。

株分けした一年生の紫苑は花が咲きにくいのだけれど、この子はどうかな。

もう少し成長したら、大きな鉢に引っ越そうね。

根っこ予想外にのびのび

niwa070401a.jpg去年、地中8cmぐらいの深さまでレンガを入れた、その下をくぐって
柵越えした紫苑の根。そこから始めて芽が出た場所から
今年は更に5cmほど進んだ地点に、新たな芽を発見しました。

元気なのはいいけれど紫苑の新芽は更にその先に出るように。
やっぱりこれはなんとかしないとね。

そこでrenは両手に軍手、ショベルとスコップを手に
「紫苑@芝生侵略防御計画」を発動!

横向きで埋めたレンガ壁を今度は縦位置にして、地中に深さ20cmの壁を紫苑の庭全体に作るらしく。

何度も「腰痛い!」って言いながら、昨日と今日とで50個近いレンガを並べました。
瓦礫がたくさん埋まっているので、結構大変な作業みたい。
ギリギリで生えた芽や根を傷つけないようにしなきゃいけなくて、結局、6時間以上はかかったんじゃないかな?

出来上がったのがこれ。

niwa070401b.jpgいずれ白(手前:120cm前後に成長)と、蒼ちゃん(250cm前後に成長)の根が入り混じることも考えて、まだ境がはっきりしているうちに真ん中で分けたんだって。

それがね。

レンガの埋め込みも蒼ちゃんスペースの終わり(奥側)の方になり、そろそろ先がみえてきたな、とrenが油断した頃、スコップの先になにやら固いものの衝撃を感じてね。

よーく見るとそこには、小指程度の太い根っこがっ!

ren:「うはっ!もう、こんなとまで伸びてるよ!」

20cmの深さの位置に、そしてすでにその先には、真っ白な4cmほど成長した芽がしっかりと生えている!

ren:「恐るべし、蒼ちゃん!」

これだけ立派な根が伸びてるんだもん、そりゃ背も余分に成長するよね。

結局renは、仕方なく根っこを切り取り、蒼ちゃんエリアの空スペースに植え替えました。
残りのレンガを並べ終え、土を落ち着かせる為に水をまいて、やっと一息。

「何年もつかね、この作業で......」

出来上がった庭を見ながらrenは苦笑い。
でも。
やっぱり元気に根を伸ばす紫苑が、うれしいみたいだね。

若葉がてんこ盛り

4週間後の様子です。

niwa070330.jpg前回はまだ殆ど見えてなかった紫苑の芽が、こんなにたくさん出てきました。

去年の倍以上の発芽率です。

今年はこのうちの何本が花を咲かせてくれるのかな?

そして、成長しながら地下茎は更に広範囲に広がって、そこから来年用に花の芽を出す準備をしています。
すでに去年柵越えして発芽していた芽は、今年もレンガの下をくぐって、ちゃっかり芽を出していました。

「一年でこれだけ増えるんだもんなー。今年は芝生の方にも芽を出すかもしれないね。早めになんとか策を講じないとなぁ......」

と、renは少しだけ困った顔してたよ。

renの飼っている犬のアルが、冬の間によく紫苑の柵の中に入り込んでいたのを見かけたけれど......柵壊したのが見つかってrenに怒られてたっけ。(笑)

紫苑とアルの両方にも負けないような庭造り。

ねぇ、ren?

......早めに考えてね。

紫苑、いよいよ発芽!

070308.jpgこんにちは!案内人のシオンです。

昼間の日差しがずいぶん暖かくなってきました。

ここも4ヶ月ぶりの更新です!

今の紫苑の庭はこんな感じです。

3日前、renが地面に生えた苔を落とした時のこと。

古い株を抜いて土の中を覗いたら、白い芽が見えたんだって。

そろそろだなーって思っていたら、今日、紫苑の赤い新芽がニョキっと顔を出していました。

左が蒼ちゃん、右が白の新芽。

ao070308.jpg haku070308.jpg

 

よーく見るとこれだけではなくて、地面の色にまぎれ、たくさんの小っさな新芽が顔を出していました。

根が成長する4月頃には、去年よりもずっと広い範囲で、紫苑の新芽が見れると思うよ。

また来年!

後から咲いた花も盛りを過ぎたので、そろそろ冬支度することにしました。

061113b.jpg

刈り取った枯れた茎をならべてみたよ。

061113a.jpg

左が白(=131cm)で右が蒼ちゃん(=266cm)。

061113c.jpg刈り取った後の地面の様子はこんな感じです。

ふたつの紫苑の成長は、どんな環境でも、基本ほぼ2倍の差が出るみたい。

どちらの紫苑が原種に近いのか、そこまではまだ調べられていないけど、どちらであっても、紫苑は紫苑。

人にもいろんな外観があるのと同じ。

同じ仲間、なんだよね。

冬になる前に

  haku061028.jpg 白

  ao061028.jpg 蒼ちゃん

季節は次第に移り変わり、秋から冬への準備を始めます。
青かった葉の色は鮮やかさを失って、一枚一枚が少しずつ枯れ始めます。

茎の丈夫な紫苑は、花の形もそのままに、立ったまま枯れていきます。

どことなく悲しいような、さびしいような姿に見える紫苑。

でもね。

土の中では、今でも根は太く、その力を蓄えています。

花が終わった紫苑は、根を掘り起こして、漢方薬に利用することもあるんだって。

そして地中に眠る紫苑の根は、また来年の春、新しい芽を出すために、厳しい冬の季節を乗り越える準備をしているんだよ。

ふたつの成長の違い

白の成長が止まりました。

haku060902a.jpg白=1m30cm

haku060902b.jpgほんのり色づき始めた、白のつぼみたち。

去年もそうだったけれど、つぼみが大きくなり始めると、紫苑は背を伸ばすのをやめちゃうみたい。
きれいな花を咲かせるために、栄養を花に向けて送るんだね。

 

 

ao060902a.jpgそして蒼ちゃんといえば......。

蒼ちゃん=2m55cm

ますます背高のっぽに。
先を見ると、前回は見られなかったつぼみが。
でも、まだ小さくて硬そうだね。

元々蒼ちゃんは背が高い種類の紫苑みたいなんだけど、こうして地植えにすると、どこまでも伸びていきそうな勢い。

ren:「これじゃ、全体とっても画像が小さくなるから代わり映えしないなー」

 

ao060902b.jpgそこで、そばにあるガーデンベンチに裸足で立ったrenは、背伸びしてぎりぎりまで伸ばした手で蒼ちゃんの先っちょを引き寄せて、何とか上のほうの写真を撮ったんだ。

ren:「それにしても背ー高すぎ。参っちゃうな、ハハッ」

でもね。
こうして青い空に向かって伸びる蒼ちゃん。
ちょっぴりいいなーって思ったよ。

僕らは普段、ほとんど眼下で咲くきれいな花の姿を見ているわけだけれど、蒼ちゃんや白、そして他の多くの植物たちは、この青くて大きな空に向かって一生懸命に成長しているんだよね。

僕らが感じているものと、花が感じているものって、同じようで、実は少しだけ違っているのかもしれないね。

8月が終る前に

一ヶ月ぶりの更新です!

早速、蒼ちゃんと白の様子を!

ao060826a.jpg ao060826b.jpg蒼ちゃん= 2m40cm


renが手を伸ばしてもとてもカメラが先に届かなくって......なんだかピンボケ!

haku060826a.jpg


haku060826c.jpg白=1m30cm

もうこんなにつぼみが付いて、一本しか咲かなかった去年とは比べものにならないよ!

ずいぶん長く出かけていたので、その間、お隣に住んでいる僕と同じ名前のしおんちゃんのお母さんが、かわりに水をやったり、枯れた葉を取ってくれてたり、ずっと面倒見てくれていたんだ。

おかげでみんな元気で、驚くぐらい成長していたよ!

それにしても蒼ちゃん、どこまで背が伸びるんだろう?

これじゃ、花が咲いても写真に撮れないかも......!

どこまで行くんだー?

ao060728.jpg「まさしく、これが本当の紫苑の姿だね」

renはそういいます。
なぜかというと、今年の蒼ちゃんは、成長の勢いを失わなわず、このまま行けば2m越えも容易にしそうだから。

haku060728.jpg

 

 

蒼ちゃん=186cm→

 

←白=100cm


 

 

 

今年は白もまだ7月の段階で1mを越えていて、ずいぶん大きくなりました。

そろそろ梅雨も明けそうだし、これからどんどん日差しを浴びて、どこまで背を伸ばすのかが見ものだね。

一ヶ月でこんなに成長!

ao060719.jpg久しぶりの全体画像です。

今日、やっと雨が上がったので、せいくらべをしたんだけど......。

測ってみてびっくり。

haku060719.jpg

白は90cm、蒼ちゃんは既に160cmも!

なんという成長っぷり。

去年は長身の蒼ちゃんでも、120cm程度までしか延びなかったのですが、やはり地植えは違うらしい。

今年は2つの紫苑の、それぞれの特徴がよく出ています。

haku060719b.jpgそして、前回の紫苑@根っこ侵攻作戦。とうとう、壁越えされてしまいましたー。

ren:「よくもまぁ、こんな隙間を狙って......」

白い柵は、renが飼い始めた犬のアルが、紫苑の新芽を踏んだり、葉っぱを食べてしまうので、そのガードのためにつけたんだけど、それをうまくよけて顔を出しているよね。

根っこの先には、どうやらセンサーがあるみたい。

蒼ちゃんに、数匹のハダニが付いていましたが
今年は本当に少なくて。

手で取っている程度でひどい被害は見当たらず。

地面に根っこが生えていると、植物はやっぱり元気で丈夫なんだね。

やせた土地でも。

ao060702a.jpg地植えにしてから、紫苑はその生命力を遺憾無く発揮。
はじめは少し離れた場所に、ちょこっと見せていた脇芽も、あっという間に親株から半径50cmくらいの範囲で、前後左右に根を伸ばしています。
手前のレンガの境界は何とか越えていないけれど、その末端を過ぎ、地下の壁がなくなったとたん
前方に脇芽を出し始めたんだ。

ren:「このままだと、庭の真ん中にまで侵攻してくるね。侵入者は早期に排除せねばっ!」

ということで、さすがに排除まではしないにしても、芝の中に根を張るのは後が大変そうだということで、早速根っこの方向を強制的に変えてやることに。

ao060702b.jpg醜草といわれるだけあって、あまり栄養が豊富では無い土でも、しっかりと子孫を増やしています。
それに、根っこも随分太くて、まだまだここから伸びて行きそう。

油断できないよ?ren。

虫たちも大変。

ao060617.jpg蒼ちゃん96cm

葉っぱが放射状にたくさん伸びていた白と蒼ちゃん。

でも、この数週間で中央の茎の部分がずいぶんと延びてきました。

 

矢印のところに、脇芽を発見!

こんな具合に、少しはなれたところまで根を張って、紫苑はどんどん株を増やしていきます。

 

haku060617.jpg白65cm

枯れていた下葉を取り除き、少し風通しをよくしてあげていたren。

「なんかいろんな虫が出てきたねー、さすがは地植えだわ」

その虫って言うのが、あおむし2匹、ハダニ一匹。

そして......ゲジゲジ!

ren:「ゲジゲジ、見つかったとたん、コソコソ隠れてんの!なんかさ、気持ち悪いの通り越して、必死すぎて、哀れさ全開だよ」

......と、そんなことを言うわりには、あっさり退治してたよね?

あとで調べてわかったのが、ゲジは肉食で、人にも紫苑にも無害なんだって。

もしかしたら今年、ハダニの発生が殆どないのも、このゲジが食べてくれていたのかもしれない、って思うと......ren、やっちゃったねーと僕は密かに思ってます。

虫たちに食べられた葉っぱの穴。
密集した葉の影を住処に潜んでいた虫。
その一つ一つも、彼らが生きていくために必要だったこと。

自然の摂理になかに含まれる、ひとつの事柄なんだね。

緑がまぶしくて

今日の紫苑です。

ao060531.jpg蒼ちゃん=66cm

haku060531.jpg白=51cm

蒼ちゃんにハダニが数匹ついていましたが
早期発見、早期退治。

断然、蒼ちゃんが急成長。
株も去年の倍くらいに増えています。

身体検査開始。

2週間ほど前から、成長にもかなりの差が出ています。
ということで、今日から背比べを始めることにしました。
去年と同じ、それぞれの一番高い場所を測っています。

ao060503a.jpg蒼ちゃん=40cm

 

haku060503.jpg白=32cm

画像は二つとも、ほぼ等倍。明らかに大きさが違うでしょう?
背丈の大きい種の蒼ちゃんのほうが
やはり成長スピードも早かったので
不明だった蒼ちゃん株・白株、それぞれ確定です。

ao060503b.jpgところで今年、蒼ちゃんの株に異変がありました。

紫苑は一本の根から、いくつかの芽が出ます。
その芽のひとつに、先が二股になった葉っぱを持つ芽がありました。

実は、これ一枚だけではなく
発芽し成長したこの茎から出ている葉っぱは
みんな、先っちょが二股=ハートの形になっています。

何かの異常か、それとも突然変異?
「でも、面白いじゃない?」とren。

花が終ったあとの株分けするときに、ちゃんとわかるようにマークをつけておくんだって。
最後までハート型の葉っぱになるんだろうか?
不思議だね。

雨の合間に。

060413ao.jpg

蒼ちゃんは去年と同じく、やや葉っぱが大きくて、見た目がやわらかそうな感じです。

060413haku.jpg

白は、楕円のこじんまりとした印象。

そして、ほぼ同時に発芽したけれど、やっぱり蒼ちゃんのほうが、先に大きくなっているみたい。

このところの強い降雨で土の跳ね返りがひどく、葉っぱは泥だらけに。

ren:「葉っぱ洗って写真を撮りたいところだけど、こうも雨が降ると、きりがないね」

自然のままの姿って言うのは、実は理にかなってるんだ。

雨に降られることで葉っぱが雨で洗われて、ハダニなんかの、虫発生の予防になっていたりする。

手をかけ過ぎず、抜き過ぎず、そんなトコだね。

大きく育て!

↑蒼ちゃんと思われる芽。そして↓白だと思われる芽。

060403b.jpg

はじめて発芽した葉も、周りにたくさん芽吹いたものも
みんな、ずいぶん大きくなったでしょう?

まだどちらも10cmそこそこだけど、このところ暖かくなって、たっぷり日差しを浴びた合間に、雨もたっぷり降るせいかな。
とっても成長がいいようです。

これからどんどん大きくなってね!

後に続け~~~!

060315a.jpg 060315b.jpg

 

大きな芽のすぐ横に、小さな芽。

蒼ちゃんと思しき、道路側の一群も、次々と発芽。

鉢植えだった去年は、鉢の際ぎりぎりで脇芽が出たりしていたので、今年はどの位の範囲で芽が出てくるか、なんていうのも気になるところ、です。

芽吹きの季節がやってきた!

2ヶ月ぶりのこんにちは!
とってもご無沙汰の庭番、シオンです!

気温も少し暖かくなって、赤や白の梅の花があちらこちらで咲き零れてるよ。

1月の最後に雪で埋もれていた紫苑。
雪が解けたそのあとも、地中でじっと春を待っていました。

060310.jpgそして今日ね。
今年初めての新芽を発見したんだ!

先に芽吹いたのは、多分、背の低かった『白』。

何で『多分』かって言うとね。
renが植え替えをした時に、白と蒼ちゃんの植えた位置がどっちだったかを、ちゃんと覚えていなかったんだ。

ren:「いやぁ、蒼ちゃんをネ、道路から見える位置に植えた気がするんだよ。ほら、蒼ちゃん、背が高いから、目隠しになるかなーと思って。でも......確証がナイ~。^^;」

......成長を待つしか無いのかも。マイッチャウナ。
いきなりこんな怪しい感じで始まる「シオンの庭」です。

どっちが白でどっちが蒼ちゃんなのか、そのあたりも気にしつつ、今年もきれいな紫苑の花が見られますようにっ!

また会おうね。

051211a.jpgたくさんあった花の種のいくつかは、季節の風に乗って旅に出ていました。

茎もすっかり軽くなり、いよいよ冬支度の季節がやってきました。

今年の秋、庭を手に入れたrenは、花が終った白と蒼ちゃんを地面に戻してあげる事に決めたんだ。

  植木鉢から根をはずしてみると、端っこにあった小さかった芽も、こんなにたくさんの根っこを、地中にしっかりと這わせていたんだよ。

花の付いた大きな茎の根をはずしてみようかと、renはチャレンジしていたけれど、細かい根っこ同士がしっかりと絡み合い
簡単には外れなかった。

「根っこ痛みそうだし。引きちぎるのもかわいそうだね」

だから、そのまま地面に帰してあげたんだ。

この土地は瓦礫が多くて、決していい状態ではないんだけれど、大きなスコップで深く掘り起こし、少しでもやわらかくなるよう腐葉土を入れたよ。
あとは、ちょっぴり肥料もね。

 

051211c.jpg今年は咲かなかった小さな脇芽は、また来年の春に再び芽を出してくれるはず。

今度は花をつけてくれることを祈ってる。

     * * *

ren:「紫苑のベランダ栽培日記、ひとまずは成功かなー。ここもタイトル修正しなきゃね」

僕:「じゃぁ、今度は紫苑増殖計画?」

ren:「うへー。増殖?なんかウジャウジャしたの想像しちゃうじゃんっ!」

僕:「......だったら、なんてタイトルにするのさー!」

ren:「............」

僕:「ほらほらっ。なにー?」

ren:「......やっぱ、増殖っすかσ(^^;」

次に繋がるために

ao051123.jpg花もすっかり茶色になり、干からびてきた紫苑。

でも、枯れた花の中では、次へ命を繋ぐための準備が始まっていたんだ。

ひとつだけ摘んで中身を見てみたよ。

 

tane051123.jpgこうしてみてみると、タンポポの種と、とっても似ている。
種の部分は、まだとっても細くて薄くて。
熟化は、まだこれからなのかな。

庭に植えられている紫苑は、もう地上に延びた部分は剪定されている頃なんだ。
けれど、自然のなかで自生する紫苑は、だれも剪定はしないから、この部分がもっと熟して重くなった頃に、風に乗り種は遠くに旅に出る。

その中の一つだけでも、地上に根付くことを願って。

根をしっかりと地に付けた紫苑は、自らも来年の開花に備えて根を成長させ、役割を終えた花は種となり、次の世代を残していくんだね。

その後の紫苑は......

ao051019.jpg2週間ぶりに、やっと報告が出来ます!
花の盛りを終え、花びらは彩度の落ちた色になってきました。
中央の黄色い部分もすっかり開ききって、鮮やかだった黄色も、今は白にひとつふたつ残っているだけ。

ここのところ、気温が下がってずっと雨が降るので、花もどことなく寒々とした印象があるんだ。

renの予測だと、本当はもう花が散ってなくなってる頃だろう、くらいに思っていたらしいんだけど。
まだひとつも散ってないんだよ。
それと普通は花が終わった後、本来は根を休めるために葉の部分を残すように、茎だけは切り戻すんだ。
でもrenは今回だけ、自然に枯れていく姿も記録に残すんだって。

もうちょっとだけ、見てみたいんだって......。

蒼ちゃんの変化

ao051004a.jpg蒼ちゃんの花が、そろそろ終わりを告げようとしています。

暗くなると閉じかけていた花が、夜になっても開いたまま。

そして花びらの一枚一枚が、みずみずしさを失って、くるりとよじれ始めました。

 

ao051004b.jpg葉の付け根にも、変化が。
今日の蒼ちゃんの身長は127cm。白は74cm。
この辺で、成長もストップみたいだね。

紫苑は、花の少ない秋に咲き、冬を迎えると同時に地に帰ります。

また春に、若草色の柔らかなの新芽を出すために。
これもみんな「生きている証」なんだよねっ。

色づく季節

haku050911.jpgこの数日、立て続けにお天気は嵐と晴天を繰り返しています。
でも、何とかつぼみは膨らみ
開きかけた花びらには、ほんのり色もつき始めました。
この淡い紫色、間違いなく紫苑色です!
蒼ちゃんのつぼみはだいぶ開いていて
中の黄色い花粉も見えています。

ao050911.jpgこのまま順調に成長すれば
あと数日後には開花宣言です!
白&蒼ちゃん、がんばれ!

それでも強く、花は生きる

haku050905.jpg白のつぼみが、ほんの少しだけ、ほころび始めました。
この前ジャブジャブ水洗いしたあとだったから
ちょっと心配だったんだ。
でも、残ったつぼみ達は、しっかりと膨らみ、もうじき花を開きそうな感じです!

お団子体型の白に比べると、蒼ちゃんはしっかり紫苑らしい成長ぶり。

葉っぱの形も、成長過程も殆ど同じなんだけど
背丈やつぼみの集まり方が、ホント違うんだよね。
「もしかしたら白は、同じ紫苑属でも、微妙に違う種類なのかもしれないなー」
......って、renは言っている。

ao050905.jpg単に育成環境から来る、個性の違いなのか、それとも亜種なのか。
二つが咲いてみるまでは、なんとも言えないね。

台風接近につき......

ha&a050825.jpg日頃から、風の良く吹くベランダのわりに、しっかりと立っていてくれる。

けれど、さすがに台風直撃だと、折れる心配、大!!

そこで、夜になって玄関先に大移動です!

蒼ちゃん123cm、白70cm。

まだまだ背を伸ばしています。

そして、つぼみもだいぶ膨らんできました。 

 

 

 

 

haku050825.jpgこうして並べてみると、花まで細っちょと太っちょの性格が......。

ao050825.jpgrenは「花びらも、もしかしたら微妙に性質が違ってるかもね」だって。

花びらも?

なんだか楽しみ!!

 

 

紫苑につぼみがついたよ!

haku1-0818.jpg白は、一番上と脇芽にもたくさんつぼみが付きました!!

蒼ちゃんは一番上に。

昨日は気がつかなかったから、ほぼ一昼夜でここまで変化したことに。

ビックリだよーっ!

 

haku2-0818.jpg

ao1-0818.jpg

せいくらべ

ao&haku0816.jpgいつも別々の写真で、二つの成長の違いがよくわからないだろうと、renが無理やり一緒に写真を撮りました。

蒼ちゃんは114cm。白は66cm。
でも、こうして並べると白の茎の部分は太いでしょ?

地植えだと、背は蒼ちゃん(もうちょっと高いかな)で、茎の太さは白と同じくらい。

でも、脇芽(将来、花のつぼみがつく)が出たのは、ほぼ同じ日。


さて。

どんな花がつくかなぁー。

そして、竹ざしを超えてゆくのだ!

ao050807b.jpg蒼ちゃんが、とうとう1mの大台に成長しました!

現在、1.02m。一日1cmのペースです!

「うひゃ。竹ざしじゃ図れないじゃん。次からは、工具用のメジャーつかわなきゃねー」

横に伸ばしていた物干し竿に、ついに蒼ちゃんが当たり始めたので、物干し竿を短く縮めながら、renはちょっとうれしそうにいってました。

haku050807b.jpgそして白は59cm。相変わらず、マイペースで成長中~。

身長が低いので、葉の元から出てきた花芽も大接近。
でも、葉っぱも茎もしっかり緑色。
それに蒼ちゃんに比べるとしっかり太っちょなんだよね。

今年は全国的に猛暑。東京も35度なんて当たり前。
特に、ここのベランダは南西だし、エアコンの室外機がフル稼働しているから、その暑さも半端じゃないんだ。
それが証拠に3日前、驚きの出来事があったんだ!

ao050807.jpg室外機からは1.5mほど離れてて、その間にも直接熱気が当たらないように、木製のフェンスや朝顔の鉢なんかが置かれているんだけど、昼過ぎには日差しがとてもきつくって、僕らは立っていられないほど暑いんだ。

水の乾き方も半端じゃなくてね。
たっぷりあげていても、土は一日でカラッカラになってしまう。

とはいえ、昼間の土の温度上昇を考えると根腐れが心配。

haku050807.jpgだからrenは、朝はほんの少しだけ水をあげて、夕方、ベランダの熱気が少し和らいだ頃、鉢底から流れるくらいたっぷりお水を追加するんだ。
本当は、夜は植物も眠りに入るから、お水をあげるのはやめたほうがいいんだけど、この暑さじゃ仕方がないよねー。

で、3日前。
renがいつものようにお水をあげようと、夕方蒼ちゃんの鉢を覗いたら......なんと夜盗虫のおっきいのが、土の上で丸まって動かなくなってた!

「そーいやこの数日、新しい虫食い葉っぱがあるような気がしてたんだー。やっぱりまだ居たんだねぇ~」
でも、その夜盗虫。乾いた土中から出てきたものの、暑さに耐えかねて、昇天しちゃったらしい。

それでも蒼ちゃんは、細くともたくましく背を伸ばし、花になる芽をつけている。
さすがは紫苑。
本当に根っこが丈夫な植物なんだねっ。

蒼ちゃんの成長に進展!

ao050728.jpg久しぶりの報告です!

この写真は蒼ちゃんです。
茎から出た葉っぱの元の部分に、あたらしい芽が出てきたんだよ!
そして、長さも90cmに!100cmの大台も間近です!

この前、蒼ちゃんをもらったお宅の紫苑の様子を、renが通りがかりに見てきたんだって。

「やっぱ地植えはちがうねー。もらった段階では蒼ちゃんが一番成長していたんだけど、すっかり追い抜かれていたよ。2割増しの成長速度、かな」

鉢植えのベランダ栽培。おまけに南西に置かれた不向きな環境でも、ここまで背を伸ばしてくれた蒼ちゃん。

結構、がんばってると思うなー。

ao050728-up.jpgちなみに、白はというと......

相変わらず太く短く濃い緑のまま、やっと56cmになりました。

秋には、この成長の違いが花にどう関係してくるか、renは楽しみみたいだよ。

犯人みーっけ?

haku050701.jpg白、身長53cmです。

今日になって、今度は白の新芽の先に、こんな珍客を発見しました。

黒地にオレンジの星2個がデザインされた、てんとう虫の一種らしい、小さなゲストです。

「犯人は必ず現場に戻ってくるものだよ、明智君。こいつが無銭飲食したヤカラだね」

......renってば。明智君って、誰さ!

虫君には気の毒だけど、これ以上、白の葉っぱを食べられるのは忍びないからね。
renは容赦なく彼を撤去。
でも、renは虫を殺すのはあまり好きじゃないみたいで、ティッシュに乗せかえて、ベランダから飛ばしたんだ。

それと、今度は本当に赤いハダニ〈去年と同じ小さいタイプ〉がいたのも見つけた。
他にも、ひょろっとした消しゴムカスみたいな、ヘンな虫(多分しゃくとり虫の小さいの)も一匹だけいたけれど。

renが触ったら潰れちゃた。

......ご愁傷様、です。

これってもしかして......!

  ao050628.jpg蒼ちゃん・身長60cm。

あれからずっとハダニの気配も無くて、暑さと乾燥に気をつけながら様子を見ていたら。

ちょうど2週間目、蒼ちゃんの柔らかな葉の中に黒い粒々が!
おまけに穴まで開いてる!!

「あー、虫に食われたね、コリャ」
ハダニに気をとられていたren。意外な展開にポツリ......。
もっと驚くかと思ったよ、僕。

黒い点々は、触ってみても動かないし、どうやら虫のフンみたい。
ren曰く「ちびっこいバッタかなにかが荒らした後にも見えるけど......」と。
あわててあたりを探してみるけれど、それらしいものはいない。

そしたら「喰い逃げだっ!」だって。

......あはは。
でも。
ちゃんと"お礼"は置いて帰ったみたいっ。

ハダニの季節がやってきた

musi050614.jpgハダニです。

葉っぱの葉緑素(粒)を吸いとってしまうから、光合成ができなくなって、成長に致命傷を与える代物。
彼らは彼らなりに"生きる糧"を得ているのだけれど......紫苑にとっては、うれしくないお客様なんだ。

この1mm程度の朱色をした種類は、コンクリートにたくさん発生するモノで、植物の汁は吸わない、という文献もあるんだ。
けどね。

実は前回の報告の後にも、これと同じのが、一匹だけ葉の上を動き回っていたんだけれど、今日のはしっかり葉っぱに吸い付いていたんだ。

もしかして......進化しちゃったのかな。

去年の同じ時期、白にも、もっと赤茶っぽい、0.5mmほどの小さなハダニが発生したんだ。

体の色が目立つので、数が少なければ指でぷちっとする(うわぁ)だけでいいんだけれど、幼虫は10日ほどで成虫になって、産卵できるようになる。
繁殖が始まると1匹から7~10匹に増えちゃうんだ。
これを繰り返して、数が半端じゃなくなる頃には、クモの糸に似たものを出して、塊を作るようになってしまう。

そこまで行くと、薬でも、殲滅は難しい。

初め、renも手で潰して退治していたんだけど、それでは間に合わなくって、結局、薬を使ったんだ。
でも、薬への耐性ができるのも早いみたいで、完全には抑えられなかったんだっていってる。

ハダニは湿気が嫌いで、ベランダでは雨が降らないから、余計に繁殖しやすいんだって。
だから、葉の裏側まで霧吹きをするのも予防になるらしい。

そろそろ予防対策の時期ってことだね。

気温の上昇とともに、風に乗ってやってくる彼ら。これからは気が抜けないよー。

梅雨入り間近!

haku050611.jpg先週、ちょっぴり見え始めていた白の太い茎の部分が、こんなに伸びてきました。

下の画像は蒼ちゃん。茎の部分は背がずいぶん伸びて、写真に収まりきらない感じです。

最長の葉は白が45.5cm、蒼ちゃんが46cmでした。
お互い、まだ一番大きな葉には届かないけれど、1~2週間後には茎の方が追い抜くんじゃないかなぁ。

それとね。最近、気がついたことがあるんだ。

今は、少しずつ枯れていく外葉をこまめに取ったり、ハダニの出現がないかをチェック。

新しい茎の出現がないか、とか細かく見ていると、白と蒼ちゃんの土の乾き方に、微妙な差があるみたい。

白の土の表面が乾いてきたかなーと思って水をあげるんだけれど、決まって蒼ちゃんの方は、わずかに湿った感じが残る。

白は今年植え替えをして、ある程度根が張った状態で成長しているから水の吸い上げもいいし、新しい土も周囲3cm程度に入っているだけ。
水持ちも良くないのかも知れない。

逆に、蒼ちゃんは腐葉土がたくさん入った新しい土の中で、今から根を成長させる段階。
そのあたりを考えると、それぞれの土の水分含有量も、少し違う感じだね。

水のやりすぎも、葉っぱが黄色くなることがあるので、ここは個性に合わせて、タイミングをずらすことにしたんだ。

もうすぐ梅雨入りだって言ってるし。水の調整にも、気を配らなきゃ。

太い茎が伸びてきた!

ao050601up.jpgねぇ、みてみて!

蒼ちゃんにね、待望の『茎』が出たんだよっ!

紫苑は、この茎を長く長く伸ばして、背丈ほどの位置に花を咲かせるんだ。

蒼ちゃん、鉢植えになってまだ一年目なのに。去年の白の成長よりも明らかに進化してる。

徹夜明けで、いつでも寝むれそうな顔したrenが、白はどうかなーってぼんやり土の状態を覗き込んでたら......

「あっ!」急に大騒ぎっ。

haku050601.jpgちょびっとだけど、茎が見えてる!わーい!やったーーーーー!

先週は、あまり葉の伸びが無くて、蒼ちゃんも白も40cm止まりだったんだ。
去年の白は、40cmまでは順調に丈を伸ばしたんだけど、それっきり伸びなくなった。
だからrenは、またこのまま秋を迎えるんじゃないかって、ずっと心配してた。

2週間前、葉の様子が黄色っぽくなって良くなかったから、追い肥した3日後、renは上のほうの肥料が混じった土を新しいものに取り替えたんだ。
そしたら。
新しく出てくる葉っぱも、それ以上の傷みや色の変化はみられなくなった。
葉の勢いも、ずっと良くなって、植物って正直なんだなーって思ったんだ。

そして今朝のこと。
今週明け、2日ほど雨が続いて細かい観察をしないでいたら、まさか、こんなすごいことがおきてたなんて。
待ちに待った瞬間だったから、renの眠気も、一瞬どっかに飛んでいってたみたい。
僕も、ほんとホッとしたー。

花が見られるようになるには、まだまだいろんなことがありそうだけど。
でも僕らの想いに、紫苑が一生懸命に答えてくれている気がして。
それが......ちょっとうれしかったりするんだよねっ。

そうそう。あまりにうれしくて、つい書き忘れそうになっちゃった。
白の身長は41.5cm、蒼ちゃんの身長44cmでした。

鹿の舌っていうのはね......

sion_kanosita.jpg紫苑が鹿(か)の舌っていう別名を持つのは、知ってるかな?

それは、こんな風に一枚一枚の葉っぱが、細い楕円の形をしていて、それが鹿の舌のように見えるからなんだって。

確かに言われてみれば、そんな気がするよね。

ha050527.JPGでも、大きくなった葉っぱのふちは、ギザギザになっています。

なんだか痛そうだよ。

次から次と......

haku050520.jpgおとといの南風があまりに強くて、一時的に壁のそばに避難。夜中に葉っぱが折れてしまわないかちょっと心配したんだけれど、大丈夫だったよっ。
これからは台風もやってくるだろうから、なんか対策を考えなきゃね。

今日の写真は、真上からのアングルで。
白の葉っぱが、40cmになりました。去年よりも一ヶ月ほど速いペースです。

ao050520.jpg蒼ちゃんも一番大きな葉っぱで38cm。
お互い、抜きつ抜かれつの攻防戦。
でも、写真を比べると、やっぱり白のほうが葉の数は多いかな。

まだ害虫はいないけれど、ちょっと気になることも......。

株が成長し始めて、大きな葉がたくさん増えたんだけど、一部に葉枯れが目立つんだよね。
この写真じゃちょっとわかりにくいけど、白の写真の、真ん中よりちょっと左上の葉っぱ。淵がちょっと茶色くなっているのがわかるかな。
大きな葉っぱの濃い緑に混じって、ところどころ黒っぽくなっているのもいくつかある。
新芽もたくさん出てきて勢いはあるんだけど、新芽にもちょっと黄色みがかったものもあるから、単に成長した葉っぱが迎える、枯れる時期、っていうのでもないみたい。

で、一週間ほど前のことを思い出した。renがアスター種の育成本を読んでいて、4月から6月は肥料を与えるって書いてあるから、と「追い肥してみよ~!」といって、勢いで化成肥料をあげてたんだけど。

......まだ追い肥するのが早かったんじゃないかって思ったりもしてる。
だって、まだ鉢植えしてから一ヶ月くらいじゃない?
まだ土には栄養が十分に残っていたんじゃないかって思うんだ。
栄養をあげ過ぎちゃうと、人も植物もかえって病気になっちゃう。
去年はなーんにもあげなかったのに、今年は大盤振る舞いしすぎなんだよー、renってばっ。

適量って、ホント大事なことだよね

花言葉は「君を忘れない」なのに。

haku050511.jpgねぇ、みて!この葉っぱ、まっすぐ立ってて姿勢いいでしょ。「お行儀がいいなぁ」と、renはちょっと感心してたよ。
この葉っぱ、測ってみると30cmありました。今一番背が高い葉っぱです。
葉っぱの中には、傷が目立つものやチョット縮れたようになっているものもあります。
renは「鉢植えだからね。やっぱり根っこに無理が出てくるから、葉っぱの成長にも影響があるんだと思うよ」といっているけれど。

僕は知っているんだ。
一度だけ、renが忙しくて水やりを忘れちゃったことを。
この季節、紫苑はどんどん成長しているから、土が乾くと吸い上げる水が切れて、葉っぱにも影響が出るんじゃないかって思うんだ。
鉢植えは土が少ないから、まめにお水あげないと。ね。

ao050511a.jpgそれでも蒼ちゃんは驚くぐらいの成長を遂げました。
一番長い葉っぱで30cm。あっという間に白に追いついちゃった。
しっかり根っこががついた証拠だね。よかったー!

でも、蒼ちゃんの新葉を見つけたrenが、急に大騒ぎし始めたんだ......。

「出たー!出た出た出たーーーーー!ハダニがぁーーーっ!」

ao050511b.jpgもう。落ち着いてよーくみてよ。
あれは、紫苑の葉の先がエンジ色になってるだけでしょ!
白の、今年初めて出た新芽を思い出して。
エンジ色の角みたいなのがにょきにょき出てたでしょっ。
もう忘れちゃったのかなぁ......やれやれ。

でも、そろそろ本当にハダニがやってくる季節なのは違いないし。
これからは特に注意して観察しなきゃいけないな。

元気になったよ!

050503-ao.jpg先週末、雲が多かったせいか、日差しも和らいで、弱っていた蒼ちゃんがしっかりしてきたよ!
葉っぱは、昼間でもピンとたって、緑色が落ち着いた感じ。
なかなか新芽が伸びなかったのも、ここ何日かでグンと伸びたみたい。
最長の葉は23cm。

050503-haku.jpg白は、相変わらず伸びてます。
最長の葉は27cm。

こうして二つを比べると、それぞれ個性があるみたい。

白は蒼ちゃんに比べてスマートな葉っぱ。

去年一年、鉢の中で育っていた白と、地面に根を生やしていた蒼ちゃん。
当然白は限られた土の養分しかなかったから、細くなったのかもしれない。
何より、もらってきた場所がぜんぜん違うから、体質も違うのかな、とも思う。

renは「去年一年間の環境がまったく違うから、それがどう影響するのかも、面白いよね。でも、どっちかだけでも花咲いてくれれば、の話だけどさ」だって。

まだ、renは咲かないかもしれない、って思ってるみたい。
よっぽど自信が無いんだよっ、きっと。

白、お引越しする

siona_050423.jpg去年からrenが育てていた紫苑、ふた周りほど大きめの鉢に植え替えたので、新入りくんと同じになっちゃって紛らわしいので、今日から名前付けました。白い鉢に植えていたから「白」。
白は、前回から2cm伸びて19cmに。1日で1cmの成長率です。植え替えのとき、鉢の側面まで根を張っていて、大きな根っこがしっかり見えた。今年は咲くかなー?とrenはニヤリ。

sionb_050423.jpg新入りくんは、今日から「蒼(あお)ちゃん」だって。
renの名づけは、小説でも、いつも思い付きだからなぁ。

 えーっと、たぶんね。前回の写真に『新入りくん』って青い文字で書いていたからだと思うのは、僕だけじゃないよねっ。
蒼ちゃん、やっぱりお日さまが高い位置にあると、どうしてもへなっとしちゃう。
紫苑にとって大事な日当たりも、鉢の土が温まるのか、地面から植移したばかりの蒼ちゃんにとっては、あんまりよくないないみたいだね。
でも、株の中心はきちんと葉っぱも立っているし、何とか踏ん張っている感じです。
一番大きい葉っぱは20cmもあります。
もともと地面育ちの蒼ちゃんは、白に比べて葉っぱも大きかったんだ。

今、renが蒼ちゃんに気をつけていることはね。
1.朝、気温が低いうちに水を上げること
2.根が育つまで、直射日光にあたらないように移動させる
3.夜、気温が下がってきたら、根の近くに少しだけ水をあげる

こんな感じ。蒼ちゃんガンバレ!

紫苑の父に出会う!?

haku050421.gif紫苑はメキメキ成長中。大きな葉は17cmに。
今のところ順調です。

今日は、仲間が増えました。

去年、あるお宅の庭先で咲いている紫苑を発見したんだ。
なんと、そのおうちの主はrenの知り合いの知り合いという繋がりがあったんだ。
世間って狭いんだね。びっくり。
今日はね、その紫苑の株を分けてもらうことができたんだ!

 

ao050421.gif植え替えたばかりでちょっと葉っぱはぐったり。だけど明日には水をすって元気になってくれると思う!

あのね。
実は、この新入り紫苑の植え替えをするために、夕方プランターや土を買いに出かけたrenは、大手スーパーで思わぬ人物にめぐり合ったらしい。

「何を植えるの?」
園芸コーナーで鉢の間をうろうろしていたら、突然、後ろから声がした。

振り返り目に入ったのは、つるっつるのスキンヘッドおじさん。
「あっ、えーと、紫苑......です」
インパクトありすぎキャラの突然の出現で、renったら、ちょっとびびったんだって。
彼はこのお店の園芸担当らしく、紫苑と聞いてすぐに何の花か把握したんだ。それだけでもrenは驚いた。

「あれはおおきくなるからねー。このくらいはないと」
(おぉ!!おじさん、見かけによらず、詳しそう!)そう思ったrenは、だめもとで、いろいろ聞いた。
するとおじさんは見事に答えた!!しかもね。聞いて無いことまで教えてくれる。renはさらに驚いた。

「こんなに紫苑のことを詳しく知っている人に出会ったの、初めてです!」
「だって、元は花屋だからね」
肥料のこととか、植え具合とか、もともとある紫苑の植え替えだけは、午前中にしたほうがいいよ、とか。
本当に細かいことまで教えてくれた。それと、一番知りたかった事。
「株が小さいと、咲かないことが多いね。特に一年目はね」だって。

たくさん情報をもらったrenは、やる気満々。「がんばります!」とか言っちゃって。
「わかんないことがあったら、いつでもおいで!」
おじさんは、とってもうれしそうな顔だったって。

いろんなところに、まだまだ知らないいろんな人がいる。
そしてまた、紫苑がきっかけで、新しい2つの出会いがあった。
renは、今日とってもいい気分で、紫苑の世話したんだ。
みんな、元気に成長してね。

おやつの時間

sion050416.JPG2005年4月16日の紫苑です。

紫苑には、2月の終わりぐらいから、メネデールという成長を促進させる液体を、1/wであげてきた。
3月の末に芽を出して、だいぶ大きくなったので、昨日は液肥をおやつにあげてみました。

ren「植物は、酸性を好むものとアルカリ性を好むものとがあってね。紫苑はよくわからないから、その辺の適当な液肥でいいかな、と」

なんてアバウトな性格。でも、何もあげないよりはいいのかなぁ......。

今年になって顔を見せた新芽は、みんなすっかり10cm位に伸びていたけど、また、その脇から小さな芽が一つ出てきました。こんな小さな鉢の中でも、葉っぱはどんどん大きくなるので、これ以上は芽が出ても花が咲かないんじゃないか、とrenは心配もしてる。
それと、お天気がよくなって、これから気をつけたいのは、土の乾燥なんだって。
少し湿り気があるくらいが、紫苑にはちょうどいいらしい。
そういえば、昨日たっぷり水を上げたのに、今日はもう土の表面が乾きぎみだったな。

同じ名前の植物だから、枯らさないようにしっかり監視しなくっちゃ。
ちょっとだけプレッシャー感じちゃうねっ。

紫苑は成長が早いんだ!

haku050413.jpg2005年4月11日の紫苑。

たった2週間でこんなに成長したんだ。一番大きい葉っぱで、8cmはあるみたい。

ちょっと面白いのはね、去年出た芽と同じ場所から、今年も芽が出てきたこと。

ほかの植物も、もしかしたら同じ場所から芽吹くのかな?