花01

意外な展開

花も枯れて、葉も黄色身を帯びてきました。
そろそろ株も切り戻しの時期。
特に蒼ちゃんは背が高くなったので、このまま立ち枯れするのも哀れっぽいなーとren。

でもね。
蒼ちゃんのはっぱの付け根には、こんなことが起きてました。

ao061031.jpg

ren:「おー!花がさいてるぅーー!」

脇から花芽が伸びて花が咲くのはあることだけど、もうすっかり花の時期を過ぎたこの季節、思い出したように、花を咲かせた蒼ちゃん。

まだもう少し待って、って言ってるみたい。
これじゃさすがに切れないよ......ね

嵐が過ぎ去った後

一週間後、だいぶ花の勢いはなくなってきました。

 

ao061010.jpg7日の台風に押し上げられた前線の影響で、風の吹いた方向に思い切り傾いた蒼ちゃん。

強風と豪雨の中、renが何とか支柱を補強して折れることはなかったけれど、満開だった花が雨で重くなったのも手伝って、そばにあるベンチからでもこんな写真が取れるくらい、花頭が下がってきました。

「来年は支柱を強化しなきゃね。でも、花数増えたら、今回みたいに一本一本は無理だなぁ」

renは苦笑いです。

成長しすぎなのも、困っちゃうね。

蒼ちゃん満開!

蒼ちゃんの花が咲きそろいました。

ao061002a.jpg花が開くと、その中央の黄色い部分が、時間と共に開いて行きます。

この黄色の部分に、たくさんの虫たちが、蜜や花粉を求めて集まってきます。

このころになると、白の花が色褪せ、蜜を出せなくなったらしく、虫達はほとんどが蒼ちゃんの元へ引っ越し。

虫たちも、ちゃんと分ってるんだね。 

ao061002b.jpg写真を取ろうと茎を触ると、どこからともなくみつばちや、カメ虫、見なれない蝶、小さなハエなどがぶわっと舞い上がります。

その度、renが「ぎゃ!」とびっくりして声をあげて......。

ベランダ時代にはなかった、一つの自然現象でした。

蒼ちゃんの花

060928a.jpgいつも見上げた状態しか撮影できないのはやっぱりもったいない。

ということで。

お隣さんに脚立を借りて、蒼ちゃんの姿を上からとってみたよ。

どう?

白とは全然違う印象でしょう?

去年は1本だけしか花にならなくて、さすがにもったいなくて切れなかったんだけど、今年はそばで見て見たいな、ということもあって......。


060928c.jpg蒼ちゃんの株一本だけ、renの自宅玄関へ。

でも、renが一言。
やっぱり空の下がよかったかなー、だって。
自然の花だもの、本当に一番良い姿でいられるのは、やっぱり空の下......なんだろうね。

060928e.jpg

紫苑の別名の一つ、加乃志太(かのした=鹿の舌)の由来は、この葉っぱの形からきているんだ。花に近くなればなるほど、この葉の形は滑らかな細く小さい形になっていきます。

ao060928d.jpg切り口はこんな感じ。中心は綿のような繊維質でできているよ。

背の伸びた株の、半径50cmほどの範囲では、新しい株がたくさん芽を出しています。

残念ながら冬には一度枯れちゃうんだけれど、また春になったら同じところから新芽が出て背を伸ばしていくんだ。

来年の今頃は、もっともっと、たくさんの花が咲くんだろうね。

そろそろバトンタッチ。

ao060924a.jpg蒼ちゃんも3~5分咲きになってきました。

でも、全然見えなーい!

仕方がないので、またまた部分的なカット写真。

ao060924b.jpg


ren:「東鎌倉のお寺の紫苑も、背は高いものばかりだったけど、これほど高くなかったよなー」

んー、確かに。
renの書いた小説の中で、僕は紫苑の陰に隠れるっていうシーンがあるんだけど。
こんなに丈が高い設定じゃなかったよねぇ?
それにしても、全体の花の姿が見たいよ。

そして、下は白の様子。

 

haku060924a.jpg haku060924b.jpg全体的に隙間なく花が咲いてます。
小さな写真は、一番初めに咲いた株の花。
だいぶ彩度が落ちて、花の終わりを予感させます。

雨が降らない日は、たくさんの虫たちが、蜜や花粉を取りに白のところに集まってくるんだよ。
このあたりの秋は、思ったよりも花が少ないのかな。
さしずめ、お庭のレストランって感じ。

今日も満員御礼でした!

2日後の違いって分かる?

ao060922a.jpg  

ao060922b.jpg

蒼ちゃんは、やっと紫苑らしい花の開き方に。全体的にこんな感じで咲いていますが、まだまばらな感じ。
白に比べ、倍近く背が伸びるので、花同士の位置も離れて、こんな印象になるんだよ。

haku060922.jpg白の全体はこんな感じ。

  

haku060922b.jpg

よーく見てみると、花の密集率が違うでしょ?

白は今日あたりが、花のピーク期になると思います。

renは密集した花の咲き方をする紫苑は、白をもらって育ててみて、初めて出会ったんだって。

花自体はまったく一緒。
だけど、それぞれに花の印象が変わるでしょう?

これも"個性"ということかな。

咲き乱れて......

一番花が咲き始めて白は、あっという間に花盛り。

haku060920.jpg

蒼ちゃんのつぼみも、もう一息って感じ。

ao060920a.jpg ao060920b.jpg蒼ちゃんは、どうしようもないくらい空の高みに向かっています。

これほど伸びるとは。

さすがにrenも予想外だって。

それにしても......花が全然見えないよぉーっ!

白、花盛り!

haku060914a.jpg haku060914b.jpg白も今年は背がそこそこ延びたので、花同士の間隔があいて、花手まりのような、まん丸姿にはならなかったね。

たくさん花のつぼみが付いて、これからどんどん咲くよ!

そして蒼ちゃんのつぼみも、だいぶほころび始めたようです。

ao060914a.jpg蒼ちゃん=2m66cm


9月に入って、はじめに立てた支柱が不安定になってきたので、園芸用の支柱を組んだんだけど。
最近、秋雨前線の影響で風雨が強く、蒼ちゃんの背が大きくなりすぎたために、ずいぶん斜めに倒れてきたんだ。

ao060914b.jpg雨が降るので、renもなかなか手入れができず、ちょっとドキドキしてたらしい。

そこで、雨が上がった今日、大急ぎで強風対策!
後ろに都合よくフェンスがあるので、もう一度支柱を組みなおして、紐でこれ以上前に倒れないようにしていたよ。

 

また台風が来ているようだし。
何とか踏ん張って。蒼ちゃん!

いつか迎える、その日を夢見て。

完全開花!

白のつぼみ、開花宣言です。

haku060909a.jpgと言っても、一株だけが少し早い開花みたい。
今年は白だけでも、少なくとも5~6株は咲きそうです。

つぼみと開く花が混じっているこの時期の紫苑。

白はこのあと花を満開にすると、ぎゅっと詰まって見えるので、印象もだいぶ違ってきます。

haku060909b.jpgでも、これはこれでとてもきれい。
ちょっとずつ花がほころぶ姿は、趣があって大好きなんだ!

紫苑の花、いよいよ開花!

haku060907.jpg今年もシーズン到来です。

 

ほころびかけた白の一番花。

明日には丸い形に開くだろうね。

花は静かに時を待つ。

いつか迎える、その日を夢見て。

異なる風情

tasogare-ao.jpg夕暮れに蒼ちゃん、です。

黒く映し出されたシルエットが、ちょっといい感じ。

 

建物の影と同化する、都会の紫苑。

 

 

haku050926.jpgそして、これが同じ紫苑?と思うほどひしめき合うように咲く白。

「一見、ヒヤシンスっぽいね」とren。

 

......紫苑だってばっ!

花雪洞 -花ぼんぼり-

haku050919.jpg「真上から見ると、舞妓さんのかんざしみたいにもみえるなー」とは、renの言葉。

白は、平均的な成長をする紫苑と比べると、ずいぶん小さな背丈で、葉の脇から出た花の部分も、蒼ちゃんに比べて短い。
でも、花の数は負けず劣らずあるし、頂点の花同士の空間が殆どなくて、真上から見たら鞠のよう。

これはこれで、かわいい感じもするよね。

 

ao050919.jpgこれは蒼ちゃん。
鉢植えの蒼ちゃんは、地植えの紫苑ほどは伸びなかったけれど、見栄えはそのもの。

紫苑は、大体が広く群をなして咲く花だから、蒼ちゃんのような咲き方でも、ぎっしり咲いて見えるんだよね。
たくさんあると、遠くからでも淡い紫色がふんわりとと広がって見えて、とってもいい感じなんだ。

そして今日の身長。
蒼ちゃんは127cmで、変わらず。
やっぱり花がつき始めたことで、丈の成長は止まったらしい。

......と思ったら。

白は73cm。
なんと、前回から7cmも伸びたんだ。

どこまで蒼ちゃんに近づけるか。
がんばれっ!

紫苑、3分咲き~!

ao050915a.jpg

haku050915a.jpg

 

一日遅れで、蒼ちゃんにも一度にたくさん花が開きました。
結果的に3分咲きって感じかな。
左が蒼ちゃん、右が白。
こうして比べると、似ているようで、かなり特徴的な違いがあるんだよね。

 

ao050915b.jpg

haku050915b.jpg

 

花の部分の全体像も「これが同じ植物?」ってくらい。
やっぱり、出身地が違うからかな。

今夜、蒼ちゃんを分けてもらったおうちのそばを通ったrenが、蒼ちゃんのお仲間を見てきたんだって。
そしたら、まだ固いつぼみだったらしいよ。

「そうだなぁ。うちの紫苑の、9月初め頃の感じかな。でも、うちは日当たりがかなりいいし、あちらは北向きだからね。やっぱり、日照時間って言うのは、かなり影響するのかもね」

そして、身長報告。
蒼ちゃん127cm、白66cm。
もう花が咲き始めたから、さすがに背は伸びないか。

花、ほころぶ

haku050913a.jpg 

haku050913b.jpg

 

とうとう咲きました!
一足先に、白のつぼみが開き、紫苑らしい花の形に!

左は、朝のうちにrenが撮っておいた写真。
もう9月も半ばだというのに、ベランダの暑さは半端ではなくて、朝ではなく、夕暮れ近くに水やりをしているんだ。
いつものように日が落ちる前にベランダに出てみたら、右のように、もうこんなに開いていたんだ!

ao050913.jpg蒼ちゃんも、成長とともに花同士の間隔が広くなって、一枚の写真に全体を入れるのは困難に。
それとね、つぼみも開き始めているんだけど、白に比べると、花びら一枚一枚の間隔もあいてる感じ。

完全に花が開いて、二つの紫苑の個性を比べられる日は、近いね!