花02

なごりの花

haku081014.jpg花も一通り咲き、次第に退色していく紫苑。

白はもう種の熟化が進んでいる模様。

 

 

 


白よりも一週間ほど遅く開いた蒼ちゃんは、まだ少しだけ余力を残していて、一輪だけ紫苑色をした花がついていました。

ao081014.jpg

ao081014a.jpg

これもまた名残惜しいと感じる、この時期特有の風景です。

深まる秋

sion080928.jpgこんにちは。
この数日は、ぐっと気温も下がってきて、秋が一段と深まってきたみたいだよね。

紫苑の庭も、そろそろ終盤の様相を見せています。

ao080928.jpg
今年は台風の直撃はなかったけれど、気圧の乱れが多くて大雨や暴風という悪天候に見舞われて、蒼ちゃんは前かがみに。

 

そもそも蒼ちゃんは背が高いので、花が完全に開いてくると頭でっかちになって、どうしても倒れやすくなってしまうんだ。

ao080928b.jpg去年、柵からはみ出した蒼ちゃんの分身。
こちらもキッチリ花をつけてくれました。

そして花の見ごろを過ぎた白の様子。

haku080928.jpg


黄色の部分がほぼ開いてるの分かるよね。
花が咲いてしまうと、この黄色の部分が熟していき、中で眠る種を育て始めるんだ。

多くの虫たちを呼ぶため、競うように鮮やかだった花は役目を終え、たくさんの栄養を種に運ぶ為の準備を始める。
花びらは枯れ、葉も退色し、植物は種を育てることだけに全ての力を注ぐ。

そうやって生き物は皆、次の世代へと生命を継いでいくんだ。

haku080928b.jpg

 

発見!!
みっしり生えた葉の間に、隣の木いちごの新芽が伸びていたんだ!

木いちごも紫苑と同じに山に自生できる強い植物。
負けじと自己主張しているみたいです。

でも。

この後、renに抜かれちゃったけどね。

今が旬!

綺麗に咲きそろった紫苑たち。まずは白から。

haku080917a.jpg白は密集して咲くから、舞妓さんのかんざしみたいです。きれいでしょ?

haku080917b.jpg 全体はこんな感じ。

次は蒼ちゃん。大きく成長したのは一本だけ。そして低めが4本。

ao080917b.jpg蒼ちゃんの花をクローズアップしてみました。

ao080917c.jpg

真ん中の黄色いところにも、ちっちゃな花があるの、見えますか?ここが一個一個みんな種になるんだよ。

ao080917a.jpg

まだつぼみもたくさんあって紫苑にとっては今が一番イイ季節です。

ちょっと遅れて。

開花後二日目の白の様子。そろそろ三部咲きです。

haku080911.jpg白のほかの株も、2-3個ずつは花が開き始めました。
ここまで開くと、紫苑らしく見えるよね。

そして蒼ちゃんの様子。

ao080911b.jpg


9月初めの白ぐらいにはなったかな。花の部分の全体像はこんな感じです。

ao080911a.jpg白の経過と同じなら、蒼ちゃん開花はもう一週間くらいはかかりそうだね。

開花だよ!

今朝の画像です。
いよいよ、白がつぼみを開き始めました。 

haku080909.jpg

ao080909.jpg

蒼ちゃんのつぼみはまだみたい。

本日、開花宣言です!

花言葉への想い

10月に入り、紫苑はだんだんと色のトーンを落としはじめました。
それでも、いまだ葉の付け根からは、いくつかの花の脇芽が出て、繊細な紫苑の色を見せてくれます。

ao071010b.jpg 

haku071010.jpg

このまま紫苑は冬の季節に入ります。
そして花びらは桜のように散るわけではなく、このまま満開の形状を保って、色褪せ衰退していくんだ。

ao071010a.jpg枯れても尚、その立ち姿を変えようとしない紫苑の花。

それは天高く、楚々と咲いていた野の花が、その名残を惜しんでいるようにも。

華やぐのは、いっときの出来事。

そして花言葉は

     『君を忘れない』

 

 

もし、植物にも心があるのだとしたら。

それは、紫苑とその姿を心に留めた者が抱く『共通の想い」かもしれないって。

なんとなく、そう感じたんだよね。

虫のレストラン

蒼ちゃんは今見ごろになって来たけれど、白はだいぶ色があせて、そろそろ種を育てる時期に入ったみたい。

ao070928.jpg

haku070928.jpg

この時期のお客さんは、主にオレンジ色の蝶(タテハ種?)とみつばちとイチモンジセセリが常連さん。

花が咲いてきれいだなーなんて近づくと、蜜を吸っている虫たちが驚いてぶわっと飛び出します。

だから普段に花を見るときは、そーっと遠慮気味に覗き込むんだよ。

比較してみよう

h&a070920.jpg蒼ちゃんもだいぶ咲きそろい始めたので、今日は2種類の紫苑『白』と『蒼ちゃん』の生体の違いを
画像で比べてみようと思います。

ちょっとわかりにくいけれど画像の奥に見える、背の低い塊のように写っているのが『白』。

そして、背も高く、手前でほうきの様にめいっぱい広がって咲いているのが『蒼ちゃん』です。

では、それぞれの花をクローズアップ。

 

haku070920.jpg ao070920.jpg

左が白で、右が蒼ちゃん。

同じ花、同じ茎、同じ根っこ。
数日の差はあれど、発芽も開花も時期はほぼ同じ。

だけど、成長率の違いで、花の集まり具合はこんなに変わってくるんです。
きっと成長に関連する個体の遺伝情報が違うんだろうね。

人にもみんな個性があるように、植物にもそれは同じで。

同じ人間、同じ紫苑。

そういうゆるりとした、大きなキャパでいろんなものを認めていければ

ずっと楽しく、仲良く共生できるんだろうね。

蒼ちゃん、咲きました!

ao070914.jpg蒼ちゃん、咲きました!

二株が一輪ずつ花を付けています。

haku070914.jpg

そして白は只今見ごろ!

今日、renのお客さんが2人来ていたんだけれど、花を見せてほしいと言うのでご案内。
気を良くしたrenは、お土産に白の花を一本ずつプレゼント。

せっかく大事に育ててるのに悪いよ、と言ってたけれど、でも、花は咲いて愛でられる事が本望じゃないかと。

確かに切らない方が長く持つとは思うけれど、他の誰かの心にも、存在を残すことが出来るから......

それは、イイコトなんだと思うよ。

開花したよ!

haku070906.jpg

ao070906a.jpg

 ←左が白で、↑上が蒼ちゃん。

という事で、白は只今3分咲き!(写真は一番背の高い株です)
他の何本かの白株も、そろって咲き始めました。

蒼ちゃんはまだまだつぼみは固くて。
でも、今日は由々しき事態が!

そう!伊豆諸島から北上していた台風9号が、いよいよ関東地方に上陸しそう。

今年は背も低めだから、支柱はいらないくらいだと思ったけれど、蒼ちゃんはこの前、ちょっとした風が吹いて一株だけ根元から倒れちゃった。
このまま台風が直撃コースを辿ったら、ひとたまりも無いんじゃ......。

ren:「まともにこなくても、長い時間の強風には耐えられそうにないな。今年は根こそぎ逝っちゃいそうだしねぇ」

ao070906b.jpgということで、今年もrenは夕方になって雨に濡れながら、支柱を5本立てたものに150cmの長い支柱を横渡しに固定して、バックのフェンスに結びつけ、風に備えたんだ。

でも、白は背も1mに満たないし地面がしっかりしてるから、きっと大丈夫だろうって。

今もだんだん雨と風が強くなってきています。
どうか開花に影響が出ませんように......。